イメージ 1

遅刻の被告を裁判長一喝

13日にあった自動車運転過失致死傷事件の控訴審判決公判に被告の女(70)が約10分遅れて出廷。「昼食場所が込んでいて…」と弁解する女に、裁判長は「何が大事か、分かる年齢でしょう」としかった。
 仙台高裁で13日午後に開かれた交通事故の控訴審判決で、在宅のまま起訴された無職の女の被告(70)=山形市=が開廷時間に約15分遅刻、「食事の場所が込み合っていた」と理由を説明し、志田洋裁判長から「常識をわきまえた対応をしなければ駄目でしょ」と叱責(しっせき)された。
 午後1時10分開廷の法廷は、被告だけ姿が見えず弁護人が法廷を出たり入ったり大慌て。ようやく現れ、判決言い渡しは約10分で終了した。その後、裁判長は遅刻の理由を尋ね、
「今日はあなたを刑務所に入れるかどうかという判決。食事とどっちが大事なのか」「社会的に何が大切か分かるでしょ」と話した 

刑務所うっかり、被告遅刻 松江地裁

松江地裁で21日に開かれた建造物侵入事件の初公判で、拘置中の被告の男が定刻に間に合わず、開廷が約25分遅れる一幕があった。松江刑務所が公判期日の書類を紛失し、被告を送り届けることを忘れていたのが原因。刑務所は「担当者のミス。ご迷惑をかけて申し訳ない」と話している。
 松江刑務所によると、総務部の担当者が被告の公判期日を記した書類を作成したが、不注意でほかの書類に紛れてしまい、そのまま忘れていたという。
 開廷2分前になって「被告が到着していない」と地裁が刑務所に連絡。気づいた担当者らがあわてて準備し、被告を送り届けたという 

弁護士の遅刻

弁護士が法廷に遅れたことは記事にはならない
日常茶飯事のこと
当日にドタキャンする弁護士もいることはご存知
私のブログのある方も自分が依頼した弁護士が裁判に
遅刻して精神的に不安になったと内緒コメント頂いてます
打ち合わせの時間に遅れるなどは日常茶飯事だと
あせりますよね自分の依頼した弁護士が遅刻すると
最初に遅れてすみませんでしたからはじめなければなりません
中にはシドロモドロになる弁護士もおるとか

裁判官が遅刻した場合

京都地裁宮津支部で1回ありました。
「失念していました」と裁判長が言った
裁判長は依願退官して京都弁護士会所属の弁護士になった
私が懲戒申請し11月に戒告された新井慶有弁護士さんのこと

言い訳は「失念していました」にしましょう
「失念」って知らない人は何やと聞けないのでこの後は怒りにくい・・・