イメージ 1

文書偽造の京都家裁書記官送検へ

写真は一時拘束された京都府警伏見警察署

複数のATMで数回引き出し
  振り込め詐欺に使われ凍結された口座から数百万円を別口座に送金させたとして、偽造有印私文書行使容疑で京都家裁書記官の広田照彦容疑者(35)=京都市伏見区=が逮捕された事件で、送金された数百万円は京都市内の複数の現金自動預払機(ATM)から数日後に、数回に分けて全額が引き出されたことが8日、埼玉県警の調べで分かった。
 県警は8日午前、同容疑で広田容疑者をさいたま地検に送検
 県警は、広田容疑者が自分で引き出したのか、協力者がいるのかを特定するため、ATMに設置された防犯カメラの映像を押収し解析。引き出された全額が広田容疑者に渡った可能性が高いとみて、金の流れや使途も調べている。県警は振り込め詐欺グループによる組織的な犯行の可能性は薄いとみている。
 また、広田容疑者が架空の判決書を作成する同様の手口で、ほかにも凍結口座を解除させていた疑いがあり、余罪についても捜査する 

私の地元の京都新聞が詳しく記事にしているが
家裁の書記官が裁判にもなってないことで判決文を書いた
しかも京都地裁の印を偽造していた
銀行口座から引き落としたのも書記官だと

たまげた~

街にほかにも偽の判決文や和解文書があふれてるんじゃないの~

ちなみにこの広田書記官のお家は私がいつも行く銭湯の
近くの立派なマンション
寺田屋に近いところです。
うちの近所に振り込め詐欺がおった・・・