イメージ 1

<ストーカー被害>相談内容ブログに書き込む 弁護士を処分

 東京弁護士会は14日、自分が引き受けた事件の内容を依頼者に無断でブログに詳しく書き込んだとして、同会所属の遠藤きみ弁護士(66)を業務停止1カ月の懲戒処分にしたと発表した。
 同会によると、遠藤弁護士は九州地方の女性からストーカー被害の相談を受けたが、加害者とされ
男性側から話を聞いた後の06年10月下旬、
「本当の被害者は男性と言ったほうがよさそう」と書き込んだ。担当を辞任した後も、女性と男性の名前をイニシャルで記載し、女性の発言やメールの内容、女性に対する評価などをブログに記した。
 遠藤弁護士は同会の調査に「イニシャルで書いたので依頼者は特定できない。
詳しく書いたが中傷が目的ではなく、この範囲であれば許されると思った」と話したという 
新聞報道ですので詳しいことはまた後日にします
(弁護士会のいいなりに書いた記事ですから100%信用できません)

弁護士には守秘義務があります。
この程度なら許されると考える弁護士の認識が私はわからない
セクハラとかストーカー事件を受けて自分のブログに書く女性弁護士
そこまでして受けたいのか、そこまでして私は女性の事件を扱っていますと言いたいか
正月から東京弁護士会ばっかりだ!
どないなってるんだこの弁護士会は・・・
遠藤きみ  登録番号32516 東京弁護士会所属
東京都中央区銀座
銀座遠藤法律事務所
昭和48年4月から60年まで検事
60年から平成17年3月まで裁判官
平成17年4月に弁護士登録 

このブログを見ますとそんな悪い人には見えないのですが
ネットの事は詳しくないようです
知らなかったではすまないですが
HPに自分で業務停止1ヶ月と書いたなら正直な方です

登録番号32516は普通なら30代ですがヤメ検、ヤメ裁判官で停年退官で弁護士登録。ご主人も弁護士さんのようです

ちなみに私が京都弁護士会に懲戒出した新井弁護士も元裁判官
ちょっと一般社会の常識とはずれてるのかな~

守秘義務違反の弁護士懲戒処分例
https://jlfmt.com/wp-content/uploads/2019/06/syuhigimu.pdf