【大量懲戒請求】 東京弁護士会ワナ疑惑 補足情報

『 東京弁護士会 は こんなとこ ① 』 

 

当会ブログはこの度 書庫 『大量懲戒』 を用意致しました。

また、弁護士とは縁もユカリもない方(初めて弁護士と接した方も・・含めて)向けに、書庫Holidays』 も用意しております。情報の一端として、ご参照くださいませ。

 

書庫 『大量懲戒』   URL https://jlfmt.com/category/mass-disciplinary-request/

書庫 『Holidays』    URL https://jlfmt.com/category/seven-writers/holidays2/


 

イメージ 1


 

先日、本ブログにて 『東京弁護士会綱紀委員会 ワナ疑惑』 を掲載しました。

記事URL https://jlfmt.com/2018/06/23/31837/


イメージ 2

 

今回の大量懲戒請求問題、懲戒請求者方の共通する点に 『懲戒請求制度の実態』を詳細に把握していない可能性を高く感じております。“和解” “応訴” 等、如何様な対応をとる、迫られるにしても、忘れないで頂きたいことが有ります。

 

反省 = 賠償金・原告要求条項の全了承  

では無いということです。

 

反省すべき点があれば、然りと今後に活かすべきで、謝罪を伝えるのは方策の一つです。

そして、反省すべき点は繰り返さない努力することです。

 

賠償すべき問題があるのだとすれば、

● 賠償金額の妥当性(算出根拠)

● 経緯による不当性の有無(共同不法行為含む)

なども、然りと学び把握し、物事の対処へ臨むべき と考えます。

 

弁護士が言うのだから・

・つまりは 『弁護士性善説』 これが弁護士被害に合う一番の間違いです。


イメージ 3


 

東京弁護士会の情報共有はこんなもの

少々前ですが、東京弁護士会 公設事務所 が引き起こした 『情報漏洩 垂れ流し事件』 ご存知でしょうか。

弁護士業務情報、ネットの掲示板を利用し、誰もが見られる状態にしていたのです。

 

《 主たる漏洩させた情報 》

●裁判員裁判 裁判員名簿

●刑事事件(強姦)の被疑者・被害者・証言者 各々詳細情報、事件詳細、証言者へのお礼金額等々まで含む事件詳細

                                       他、事件多数



イメージ 4

 

このような事件、発生させた東京弁護士会の責任、 会長 月報酬 10分の一 返納  と一部の担当には 始末書 で済ませました。本件、大量懲戒請求で弁護士が公表している 『訴額(一人) 30万円』 には到底至らない金額を返納で済ませました。

どれだけの被害者を生んだことでしょう。

 

当会 関連記事

記事 『 裁判員情報が流出、日弁連宇都宮会長は責任をとれ 』

URL https://jlfmt.com/2011/12/27/28873/

 

記事 『 裁判員リスト流出。早くも日弁連のウソごまかし 』

URL https://jlfmt.com/2011/12/27/28874/

 

記事 Holidays 『日弁連・弁護士会は自浄作用無き 『弁護士ファンクラブ』 』

URL https://jlfmt.com/2017/06/25/31349/

 

イメージ 5


 

当然、情報を漏洩してしまった関係者方々へ個々の賠償があるだろうよ! と、お感じの方もいらっしゃるでしょう。

しかし、被害に相当する関係者へ通知した旨、日弁連広報で触れていますが、実際は 『通知すらされていない』 事実 を当会は把握しています。

 

当会メンバーが当時、漏洩した裁判員リストを見て驚愕!?

だって、漏洩当事者が身内に居るんですもの。

 

でもね・・・弁護士会・他関係者から通知すら全く来ていません。

日弁連に東弁担当者、調べたが行き着かなかったのでしょうか?

裁判員は招集できるが、漏洩通知目的では調べたが不明・・ですか。

 

 

東京弁護士会 代償の基準

責任の試算、東京弁護士会の基準はこのような実態です。

前述、東京弁護士会公設事務所による《裁判員名簿流出等々漏洩事件》の代償は

 『会長 月報酬 10分の一  × 1月』

 

他方、2017年2月3月処理した 『委任状書き換え事件  北弁護士 が 伊藤茂昭 弁護士(元 東弁会長 )に?! 勝手に書換え事件 』 の代償は・・

『 会長 月報酬 全額 × 3月 返納 』 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京弁護士会 会長談話

URL  https://www.toben.or.jp/message/seimei/post-272.html

 本件に関する処分について

 今回の日弁連臨時総会における委任状問題の原因は、直接的には事務局の作業において生じたミスが原因ですが、担当事務局に対する監督責任は当該課を担当する上司にもあり、最終的には会長にも責任があるものです。

 従って調査結果を受けて、本年3月30日付けで、会長としては 3ヶ月分の報酬の返納 を行うこととし、同時に総会担当副会長には厳重注意、事務局長、担当事務次長、担当課課長に対して、始末書の提出を求めるとともに厳重注意をすることといたしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

尤も、委任状書換え事件は、これだけで済んでいるのかは不明です。

北弁護士並びに北弁護士を委任した弁護士に対し、何らかお詫びの “おもたせ品” 、 “手土産” が別にあるのかもしれませんが。

 

当会記事  東京弁護士会 この差ってなんだ? 禊(みそぎ)の基準

URL https://jlfmt.com/2017/04/21/31268/

イメージ 6

 

 

東京弁護士会 不可思議な実態 まだまだ根深くも大量です。

色々な情報を見て聞いて、学び、調べて・・ご自身意見の参考にしましょう!!


イメージ 7


 

弁護士自治を考える会

七人の記者 班