【大量懲戒請求】 弁護士脅迫調査委員会

      『 発 進 』
 
大量懲戒請求について、しばらく配信を控えておりました。

 

記者会見まで開いた弁護士方による 『提訴』 発表が有りましたので、訴状が相手方へ送達されたと考えられる今月下旬以降、蓄積した情報事実を基に配信を再開致します。

 

イメージ 1

 

 

 
当会ブログでは 書庫 『大量懲戒』 を用意しています。
今までの配信記事、関連記事まとめて収録されていますので、こちらもご覧ください。
 
また、弁護士とは縁もユカリもない方(初めて弁護士と接した方も・・含めて)向けに、書庫Holidays』 も用意しております。情報の一端として、ご参照くださいませ。
 
書庫 『大量懲戒』   URL https://jlfmt.com/category/mass-disciplinary-request/

 

書庫 『Holidays』    URL https://jlfmt.com/category/seven-writers/holidays2/

 

 
 
本事件での和解
一般的な事件において、行為に対し反省を示し、また、和解に応じること、これも大変重要なプロセスの一つです。
我々はその“一般的な事件同様、一般的な解決方法の和解” であれば、何ら注視しなかったでしょう。
しかし、今回の大量懲戒請求の和解(訴訟上の和解を除く)、すなわち、再三インターネット上で公知された和解行為に応じて対価を支払い和解が成立した方々、皆さんが期待する “全て済んだ” のでしょうか。
対価を支払ったのです。もし、“全て”で無い可能性があるならこれらを然りと “全て済んだ” と明確にしなくてはなりません。
 
 

提訴発表でハッキリ浮かんだ事実

5月記者会見した弁護士による提訴発表、ニュースがありました。
なかでも、ご本人発言を取り上げているニュースを見てみましょう。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
弁護士ドットコムニュース
 

佐々木、北弁護士「懲戒請求者6人」を訴える

約20人と和解、残りも順次「提訴予定」』

 

弁護士の懲戒制度を悪用した不当な懲戒請求によって、精神的な苦痛を受けたとして、東京弁護士会に所属する佐々木亮弁護士と北周士弁護士が112日、900人以上の懲戒請求者のうち6人を相手取って、それぞれに慰謝料など33万円ずつをもとめて、東京地裁に提訴した。これまで約20人の請求者と和解しており、応じなかった残りの人たちに対しても順次提訴していくとしている。
(中 略)
北弁護士によると、提訴時期が遅くなったのは、被告の数が多かったこと弁護士会の決定が現時点でも出ていないこと、殺到型不法行為の法律構成に手間取ったことがある
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
このニュースによると、提訴が遅れた理由に3つあることが示されています。
しかし、我々が知る限り、理由2つは8月頃には完了した旨、情報が流れていたような・・・
 
『弁護士会の決定が出ていない・・・?』
これだけが大きな理由では無いでしょうか。
 
我々の眼が節穴だったと思いますが、この事件を当初認知したころ(昨年)、弁護士方が使う言葉でいうところ “ おかわり懲戒 ” でも、懲戒事由は 『朝鮮学校の・・』を繰り返し請求事由として挙げたもの と認識しておりましたが・・事実は大きな相違でした。

 
イメージ 2

 

 
事件番号は一つ?
記者会見した弁護士お一方は、事件番号を公表しております。
あくまで推察ですが、原告もお二人被害団として纏めたのでしょうか?
ハタマタ、被告も6人纏めて 連帯して払え!とでもしたのでしょうか。
これなら、今調査中の懲戒請求の議決待たずとも、ナントカ優位に立てると踏んだのでしょうか。被告も纏め6名一括なら。
被告なる方々、そもそも面識交流がある方々ではなかったでしょうに・・・6名とは何らか繋がるパズルでしょうか。それとも絶対的に繋がらない組み合わせ?!
 
素人が考え付くこんな内容では到底、プロでは 戦略 とは言えないから違うでしょう。
原告の戦略はまだまだ見せていない、見えていないはず?!
 
我々委員会は、外野ならではの情報網で、裏付けた情報発信して参ります。
いずれにしてもこれら訴状の事実が明確になってから、連載記事にてお知らせします。
 
 
昨日の被害者、今日は加害者?
そうそう、“おかわり懲戒” だけ対象となった弁護士さん。
世間一般でも最近は “OUT” の発言してますよ、公然と・・・。
イメージ 3

 

 
 
今回の訴訟で、この発言向けた対象者 が誰でも知ることが出来る、特定です。
 
今回の懲戒請求に “パワハラ文言” 示されていても、綱紀委員会は “事由” に明確に記載しなければ 見逃すのでしょうが・・・ 
“労働問題 ” 特に労働者側に就く弁護士も、自分のことだと “パワハラ用語” も 『当たり前な発言だ!』 なのでしょうか。
イメージ 4

 

 
 
      SNS の発信 は 広告 とも受け取れなくもありません。
であれば・・、アンビュランス(救急車)・チェイサー(追う者)はダメ。
業務広告に関する指針(日弁連)
解釈には・・
窮状に陥っている者に対しその窮状に乗じて事件をあさるという印象が強くもたれるものであり、当該当事者等に不快感を与えるおそれが高いばかりでなく、弁護士等の品位又は信用を損なうおそれが高いから
イメージ 5

 

 
 
また、弁護士職務基本規定にはこんな条文も。
第10条 弁護士は、不当な目的のため、又は品位を損なう方法により、事件の依頼を勧誘し、又は事件を誘発してはならない
弁護士職務基本規程(日弁連)
 
この条文には 『事件を誘発してはならない』 とも記されています。
 (^ー^)
こんな顔文字しかり、絵というのは受け取り方が多種多様です。
年配の方が見ると、どのように受け取るでしょうね。

顔文字一覧 URL http://cya.sakura.ne.jp/kaomoji.htm

イメージ 6

 

 
訴訟上で、このような顔文字使用する時代がすぐそこに来ているのかも?!
意外に、曖昧 で役立ったりして?
真実より 曖昧さが求められる代理人業務にとっては・・・有用なツールかも。
 
【 参考 】
当会記事 責任の行方  『警察官非違行為①』より
『感想を述べたものであって 進言していない!』
 
 
我々の自己定位
今回の『大量懲戒請求問題』について、当事者側、或いは対峙者側、そして第三者視点の方々、多々ネットを中心に発信しておられます。また、その中には当会を取り上げて戴き 外 野 と呼称賜っていることも存じています。
 
まさしく 外 野 です。
当事者ではなく、利害関係も無い。
そして、目立ったからといって、利益は何らありません。
 
一部の方ではブログの閲覧を増やして・・アフィリエイトを指摘する論者もいるようですが、当会は、記事でも他ブログ主に呼びかけしている通り 『大震災への寄付』 を実行しています。
 
だったら黙ってろ!!と言う声もあるかもしれません。
しかし、外野であろうとも 外野なりに 非常に重要な役目があります。
また、外野だからこそ 冷静に 状況を把握できる一面があるのではないでしょうか。
 
外野 なる一言解釈も ヒト夫々、捉え方によっては、色々な解釈があります。
同様、 『救う』 という一言解釈も ヒト夫々 です。
『和解を推奨する』
『闘うことを推奨する』
いずれにしても、相応の調査の下、これら発信されているのでしょう。
 
当会は、個別の民事事件に介入することはできません。
そもそも本来、当事者の家族、当事者と深い関係の人物等以外、法的措置事件に対して『関与』ができるでしょうか。当事者自身の将来への教訓に繋がることでもあります。
 
個々の民事争議は、そもそもお互いに言い分が合って然りです。
では我々 「外野」 が何故、本件を取り上げたか、端緒は。
 
複数の理由が有りますが、
『 民衆を相手とした民事争議の記者発表・会見 』
『 刑事事件化を何もしていない時点での記者発表・会見 』
これを 
『法のプロフェッションである弁護士が行った』
ことが、先ず挙げられます。
 
本事件について、当会の基本は 事実・情報 を集めることから始めました。

 

イメージ 7

 

 
本件に際し、外野であろうと情報を発信する以上、可能な限りの多視点から、生情報を知ることです。 
我々は 『弁護士非行』 を存分に眼にし耳にし、事実を一歩づつ把握し、蓄積してきています。当然、それら経緯からも弁護士行為について、非違か否か含めたあらゆる事例、そしてその端緒となる懲戒請求制度の綱紀調査結果等々の所有データは国内最大と自負しています。
 
という当会も、前身『弁護士と闘う』と言う名の下、特定の弁護士と対峙する・していく局面もございました。しかし、個々事件に深く関与しても 『本来の撲滅したい被害が無くならない(ヒトが変われば繰り返される)』 という経験則から 弁護士自治を考える会 として再構築 、弁護士被害に遭った事が無いメンバーも増員、あらゆる視点を持ち、そもそも 『非行が無くならない弁護士業界』 に行動目的を制定しました。
 
本件、非行を調査すべく『懲戒制度』の下、発した事件でもあります。
本件はナニが問題なのか、当会は会のスタンスが勿論ありますが、集積した情報を分析し調査結果を発表することで、皆さんに 『弁護士懲戒制度って●●』 と、ご自身の意見を発掘していただきたいと考えるところもあります。
 
繰り返しますが今回は 『法のプロフェッション 弁護士職責』 が 『弁護士自治制度で発した事象を理由』 に 『民衆へ賠償なる債務・責務を問う事件』 です。
 
弁護士が国家・行政を相手に、国民の被害における原告団を結成し、マスコミ発表した事情 では全くありません。
 

 

イメージ 8

 

 

 
 
弁護士自治を考える会
  弁護士脅迫調査委員会