懲戒請求、二審も賠償命令 在日コリアン弁護士巡り

配信

 朝鮮学校への補助金を批判するブログで名指しされ、賛同者らから懲戒請求された在日コリアンの女性弁護士(神奈川県弁護士会)が、精神的苦痛を受けたとして愛知県などに住む請求者らに損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、名古屋高裁は6日、計約100万円の支払いを命じた一審名古屋地裁判決を支持し、双方の控訴を棄却した。  請求者側は「懲戒請求は人種差別が目的ではない」と主張したが、松村徹裁判長は判決理由で、「出身に関する属性のみで差別した」と退けた。 その上で「『売国行為』など強烈な表現で非難した。名誉感情を侵害し、精神的苦痛を生じさせた」と指摘した。
Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/05bec7ab80827975d169d4f46970487b37ead6fe
弁護士自治を考える会

共同通信が配信した記事を読むと愛知県などに住む請求者ら」とありますが被告は何人なのかわかりません、ひとりいくら??でしょうか

2021年 1審判決

差別意図で名誉侵害と賠償命令 在日女性弁護士への懲戒請求巡り 
 朝鮮学校への補助金を批判するブログで名指しされ、賛同者らから懲戒請求された在日コリアンの女性弁護士(神奈川県弁護士会)が精神的苦痛を受けたとして、愛知県などに住む請求者31人に損害賠償を求めた訴訟の判決で、名古屋地裁は16日、懲戒請求には差別的意図があり名誉感情を害したとして、計約100万円の支払いを命じた。  加島滋人裁判長は判決理由で、一連の請求は「弁護士懲戒制度の趣旨に照らし相当性を欠く」と指摘。「原告は差別的言動を受け名誉感情を害され、恐怖心を覚えた」と認定した。  このブログを巡っては大量の請求が起きたため、各地で弁護士が請求者を提訴している。
以上 共同
>請求者31人に損害賠償を求めた訴訟の判決で、名古屋地裁は16日、計約100万円の支払いを命じた。
100万÷31=約32000円 ひとりあたり約32000円です。
高いとみるか安いとみるかは被告それぞれの思いでしょうが、二度と簡単に弁護士懲戒請求などやってはいけません。処分を求める理由も1行か2行しかなく、これで弁護士会が処分するわけがありません。ネットのアンケートにサインするような感覚で懲戒を出した人もいるようですが、それはいけません。しっかり自分の意思で自分で懲戒書を書かない弁護士から「一見して懲戒書ではない」とされ損害賠償請求をされるのです。