申告漏れ県内在住弁護士が7000万円 追徴金4000万円請求

福島 ◇仙台国税局

 

 仙台国税局が発表した昨年7月~今年6月の所得税と消費税の調査結果で、県内在住の弁護士が所得約70
00万円の申告漏れがあることが分かった。
 同国税局によると、この弁護士は消費者金融の過払い請求訴訟の依頼が急増。納税を免れるため、
現金の一部を除外して申告していた。申告漏れの資金は自宅やマンションの購入に充てており、
同国税局は弁護士に追徴金約4000万円を請求した。
福島県弁護士会の平松敏郎会長は
「だれか分からないが、事実であれば遺憾。会員には適正に申告するよう注意していきたい」
と話している。

http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20091029ddlk07040264000c.html

 

ちょっと皆さんおかしいと思いませんか!
福島弁護士会会長様、のコメントまるで他人事
「だれか分からないが事実であれば・・・・」

 

つまり税金の申告は個人でおこなうのであって弁護士会は関係ないということ
問題があった時は弁護士会は個人事業者の集まりだから個人に責任があると
私にコメント求められても困る

 

[だれか分からない]

そんなことないでしょう!!
それではあなた弁護士会会長様としておかしいんじゃないでしょうか

 

福島の弁護士会は115人しかいないじゃない(2008年)
新聞社や税務署に聞けばすぐわかるやないの
まして目の前に新聞記者がいたんじゃないの
それでコメント求められたのでしょ会長様
つまり本気で調べる気もないということでしょう

 

こんな不思議なニュース記事は見たことない

この記事が正しいなら新聞記者と弁護士会会長の会話
福島弁?ならこうなる