共に考えましょう 弁護士自治・法曹倫理
記事
  • HOME »
  • 記事 »
  • 弁護士懲戒処分の研究

弁護士懲戒処分の研究

懲戒請求が所属弁護士会で棄却された場合に日弁連に異議申立ができます。
その書式と案内書です

1 2 3 »

日弁連懲戒委員会 委員名簿 (2020年11月)

弁護士自治を考える会 弁護士の懲戒処分を公開しています。日弁連懲戒委員会の委員名簿が取得できました。弁護士に非行があれば所属弁護士会に懲戒請求の申立をすることができます。弁護士法第58条『何人も』可能です。当事者である必 …

弁護士資格認定制度で弁護士になった弁護士の懲戒処分例

弁護士資格認定制度で弁護士になった弁護士の懲戒処分例 弁護士の懲戒処分・不祥事専門ブログです。弁護士になるには司法試験に合格することが条件ですが大学法学部の教授になれば司法試験が免除になり弁護士になり業務ができる制度があ …

東京弁護士会の業務停止中の被懲戒弁護士の遵守事項(指示書)これから処分をうける方は必見、20のお約束

東京弁護士会の業務停止中の被懲戒弁護士の遵守事項(指示書) 日弁連広報誌「自由と正義」9月号に2019年度日弁連副会長 活動報告に業務停止中の遵守事項の指示書ができたという投稿がありました。 社会の変化に適正迅速に対応す …

懲戒の申立てをされた弁護士の答弁書の研究(1)「第1 請求の趣旨に対する答弁」

懲戒の申立てをされた弁護士の答弁書の研究 (1) 弁護士に非行があれば所属する弁護士会に懲戒請求を申し立てることができます。「何人も」申立てが可能です。当時者でなくても構いません。懲戒請求を申し立てると懲戒を出された弁護 …

『改定』日弁連会長と副会長の給与会長月額100万円から105万円に副会長は50万円

『改定』 日弁連会長と副会長の給与 8月11日付産経新聞で日弁連会長と副会長の給与が報道されていました。日弁連会長の給料は官報に公告として掲載されますが。副会長が13人から15人に増員された時に改定されたようです。 副会 …

懲戒請求が審査中は登録換えできない問題(法62条)懲戒を出され弁護士はどう対応したか

懲戒請求が審査中は登録換えできない問題・懲戒を出され弁護士はどう対応したか ある弁護士のツイート ノースライム     もしこのままずーっと懲戒請求がかかっていて東京弁護士会から移動できないという話になったら懲戒請求係属 …

『弁護士法62条』懲戒に付された場合登録換え、登録抹消はできない。しかし横領弁護士に破産をさせて弁護士を辞めさせることができる。

弁護士自治を考える会     タイトル 懲戒に付された場合、登録換え・登録取消はできないのでは? 弁護士のツイッターで,このようなツイートがありました。『懲戒請求を出されると弁護士は登録換え(他の弁護 …

ついに日弁連は所属弁護士会が下した「業務停止1月」の懲戒処分を取消した。

  ついに日弁連は所属弁護士会が下した「業務停止1月」の懲戒処分を取り消した。 弁護士自治を考える会 当会は弁護士の懲戒処分を公開し、弁護士の懲戒制度、弁護士自治について研究、提言をしています。 弁護士に非行が …

「日弁連公表」2009年~2018年懲戒請求事案処理件数集計報告

弁護士の懲戒処分を公表しています。 2009年~2018年 懲戒請求事案処理件数集計報告 日弁連広報誌「自由と正義」2019年4月より 年度   新受    処分件数  戒告  業務停止 退会除名 2009  1402件 …

弁護士に懲戒請求を申し立てたら弁護士を辞めた。懲戒審議は終了、ではしばらくして再登録できるか?

弁護士に懲戒請求を申し立てたら弁護士を辞めた。懲戒審議は終了。 しばらくして弁護士は再登録できるか? 前記事にありあすように、弁護士は懲戒がなされた時であっても弁護士を辞めることができます。弁護士資格は有しているが弁護士 …

弁護士の懲戒処分はいつ決定されるか、綱紀の議決から決定までかかる日数【弁護士懲戒処分の研究】

弁護士の懲戒処分はいつ決定されるか、綱紀の議決から決定までかかる日数 弁護士に非行があれば弁護士の所属する弁護士会に懲戒を申し立てることができます。(当初から日弁連に懲戒請求は出せません) 所属弁護士会の綱紀委員会で審議 …

弁護士はベテランになればなるほど非行を重ね悪徳になるデータ【弁護士白書2017】

【弁護士自治を考える会】 弁護士の懲戒処分を公開しています。【弁護士白書 2017】が公開されました。 興味深いデータが公表されています。 2016年 弁護士の苦情は15000件 https://jlfmt.com/20 …

弁護士への苦情・15000件 態度不遜・事件処理に不満・仕事が遅い・報酬高い(弁護士白書2017)

弁護士への苦情15000件【弁護士白書2017】 態度横柄・処理不満・処理遅滞・結果不満・ 報酬高額・預金未返還   日弁連が発表した「弁護士白書 2017」2016年に各弁護士会の市民窓口(苦情受付)に申し立 …

弁護士懲戒請求事案処理件数報告(207年~2016年)日弁連

日弁連広報誌「自由と正義」2017年4月号に掲載された   懲戒請求事案処理件数報告(2006年~2016年) 連広報誌「自由と正義」2017年4月号に掲載された 懲戒請求事案処理件数報告(2006年~2016 …

弁護士懲戒処分[戒告]と[業務停止]ではどこが違うのか 

[弁護士自治を考える会] このブログが始まりましてまもなく10年になります。毎日、毎日弁護士の非行を取り扱っております。弁護士の懲戒処分についてはかなり資料が集まりました。 弁護士の懲戒処分の種類は4つあります。 &#9 …

【2006年~2015年】弁護士懲戒処理件数集計報告「日弁連」

弁護士懲戒事案処理件数集計報告(2006年~2015年) 日弁連広報誌「自由と正義」4月号に過去10年間の懲戒処理件数について報告がありました。 10年間で懲戒が出された件数 29,958件 (ただし光市事件約8000件 …

2016年度(平成28年) 「日弁連役員就任公告」

日本弁護士連合会平成28年度役員就任公告 平成28年4月1日付官報 会長 中本和洋(大阪) 任期2年 〔日弁連会長就任あいさつ〕 http://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/organi …

懲戒処分を受けた日?に自殺をした弁護士(金沢)処分は有効かどうかの考察

『弁護士自治を考える会』のブログです。このブログは多数の会員によって記事を投稿しています。 記者の中で弁護士自治に関しての見解が相違することがあります。 今回はその相違点を記事にします。   (事案の概要) 2015年9 …

業務停止の処分を裁判所に通知したかの情報開示請求・最高裁からの通知書

弁護士自治を考える会です。   弁護士が業務停止1月以上の懲戒処分を受けると弁護士の地元の裁判所、検察庁に処分を受けたという所属弁護士会から通知されます。 【懲戒委員会規約】(懲戒する場合) 第37条 6 被審 …

弁護士再登録制度の改定・

弁護士再登録制度の改定 弁護士が所属弁護士会を退会し一旦弁護士登録を抹消すると弁護士ではなくなります 今まで与えられていた登録番号もなくなります。 そして他の弁護士会に再登録すると、新しい登録番号が与えられます。 病気や …

1 2 3 »

Wordpressで検索

googleで検索

アーカイブ

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 弁護士自治を考える会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.