共に考えましょう 弁護士自治・法曹倫理
記事
  • HOME »
  • 記事 »
  • 懲戒請求・異議申立書式案内

懲戒請求・異議申立書式案内

「懲戒請求申立」東弁は「懲戒請求書5部」揃わなければ受理しない。

当会の会員が東京弁護士会の会員の弁護士に対し12月1日懲戒請求を申立てました。懲戒請求書は1通です。12月2日付け簡易書留で懲戒請求者に『ご連絡』という通知文が届きました。   1通では受理しない。あと4部、提 …

懲戒請求申立を2年半放置した弁護士会に対し日弁連がやっと異議を認めた

弁護士自治を考える会 弁護士の行った行為が弁護士として品位を失う非行であると思料された場合、知った人が弁護士が所属する弁護士会に懲戒請求を申立てすることができます。 所属弁護士会綱紀委員会で審査し、『懲戒相当』か『処分し …

弁護士懲戒請求「異議申立」「期間相当異議」の案内書

弁護士に非行があれば所属の弁護士会に懲戒請求を出すことができます。 当時者でなくとも懲戒を申し立てることができます。 所属の弁護士会が棄却・懲戒しないという結論を下した時、次に日弁連に 異議申立をすることができます。また …

Wordpressで検索

googleで検索

アーカイブ

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 弁護士自治を考える会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.