米田弁護士ウィキペディア丸写し、町側事実誤認 奈良妊婦死亡訴訟

 奈良県大淀町の町立大淀病院で2006年8月、出産中の妊婦が19の病院に転院の
受け入れを断られた末に死亡した問題で、遺族が町と担当医師に約8800万円の
損害賠償を求めた訴訟で、被告の大淀町側の代理人が事実と異なる経緯を準備書面に
記載していたことがわかった。
 誰でも書き込みができるインターネット上の百科事典「ウィキペディア」から
そのまま引用していた。今後、大阪地裁に上申書を提出し、この部分を訂正するという。
長男の出産後に脳内出血で亡くなった高崎実香さん(当時32)の夫で原告の晋輔さん
(27)が、大阪地裁で21日にあった陳述で明らかにした。
被告側の第7準備書面は訴訟に至る経緯を「07年2月に検察が立件を断念すると、
検察審査会に不服申し立てをし、不起訴不当議決を得て検察が再捜査を始める中で
、当初民事訴訟はしないと言っていた原告らは07年5月に本訴を提起した」とした。
しかし、立件を断念したのは奈良県警で、検察審査会にはかかっていなかった。
被告側代理人の米田泰邦弁護士は「書面作成にあたってウィキペディアを参照した。
具体的な日付まで書いてあったので、間違いがあるとは思わなかった。
争点に関係ないので、被告の大淀町に刑事告訴の有無などの事実経過は確認していない」と話した。
 晋輔さんは「法廷は真実だけを述べる場だと信じていましたが、亡くなった実香の人格を
何度も何度も踏みつけにし、私たち遺族を二重、三重に傷つけるこのような行為を決して許せません」
と話した 

弁護士非行専門のブログです

まだ記憶に新しい事件です
ほんとうにお気の毒なことでした
妊婦さんがたらいまわしにされ手遅れとなって死亡した
関西の人間なら記憶にとどめてます
誰かが責任とらなければまた同じようなことがおきるのではないか

病院側、の弁護士は米田弁護士
「医事紛争と医療裁判 その病理と法理」の著者である米田弁護士
やはり病院側はその方面に明るい弁護士を雇った

その優秀な弁護士がウイキ丸移しして事実誤認
当初は民事訴訟しないと言っていたんじゃないのと、
奈良県警が刑事責任をあきらめただけで検察審査会もやっていない
被害者側は裁判しないとは言っていない

間違いを元に準備書面を書いた

だいたい弁護士が訴訟するときまた反論するとき
ネットの情報をまる写しするか~
なさけない、自分です調べて自分で書くべきなのではないか

大学生の卒論じゃないんだから

Wikipediaへの誤記載と民事訴訟での安易なWikipedia丸写しの引用 [編集]

Wikipediaでは2007年6月15日 (金) 05:42 (UTC)(差分)及び2009年10月12日 (月) 07:53 (UTC)
(差分)以降「検察」による立件断念、「遺族が申し立てて検察審査会が不起訴不当議決された
ことを受けて検察が再捜査をしたが、2008年11月26日に再度不起訴処分とした」
と書かれていた。
しかし、前者は実際は県警、後者は奈良県で発生したまったく別の事件の記述を混同して
記述したものであった[13]。

遺族による損害賠償請求訴訟において、被告大淀町側の訴訟代理人である弁護士が上記記述の
内容をそのまま準備書面に記載して裁判所に提出し、口頭弁論において原告遺族側から誤りが
指摘された
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B7%80%E7%94%BA%E7%AB%8B%E5%A4%A7%E6%B7%80%E7%97%85%E9%99%A2%E4%BA%8B%E4%BB%B6

この件で懲戒処分などはないでしょう
医療専門弁護士としてもこんな程度なのでしょうか

氏名 米田 泰邦  10693  大阪弁護士会
事務所名 米田法律事務所
郵便番号 〒5300047
住所 大阪府大阪市北区西天満2-3-6 大阪法曹ビル