弁護士の懲戒処分を公開しています

2011年8月日弁連広報誌「自由と正義」に掲載された弁護士懲戒処分
の要旨東京弁護士会  松本和英弁護士の懲戒処分
 
この処分の要旨の中で懲戒請求者(被告人)が被懲戒者(弁護人)に控訴趣意書提出の期限を告げなったたところとあるが、まるで被告にも落ち度があるというような書き方をしています。被告人や容疑者は弁護士にとってお客さまクライアントではないですかしかし弁護士は自分の商売がお客様あってという風には考えていない。控訴趣意書提出期限それくらい調査するのが弁護人の仕事でしょう
 
      
 懲 戒 処 分 の 公 告

東京弁護士会がなした懲戒の処分について同会から以下の通り通知を受けたので懲戒処分の公告公表に関する規定第3条第1号の規定により公告する

1 懲戒を受けた弁護士

氏名 松 本 和 英  登録番号   18238  東京弁護士会

事務所 東京都新宿新宿1 
 松本和英法律事務所               

2 処分の内容        戒 告

3 処分の理由

被請求者は懲戒請求者の刑事被告事件について第1審の弁護人であった
ところ懲戒請求者は第1審を不服として自ら控訴し当初は控訴審について
は国選弁護人の選任申出をしていた。
控訴裁判所は懲戒請求者に対し2009930日控訴趣意書の提出を
同年1027日とする旨を通知した。

被懲戒者は同年109日懲戒請求者から控訴審について弁護人選任届けを
受け翌10日頃、高等裁判所に弁護人選任届を提出した懲戒請求者が被懲戒者に控訴趣意書提出の期限を告げなかったところ被懲戒者は懲戒請求者や控訴裁判所に控訴趣意書提出の期限の指定の有無を確認することなく漫然と期限を徒過させて控訴趣意書を提出しなかった。控訴裁判所は同年1127日に控訴棄却の決定をし、その後、懲戒請求者の刑が確定した。被懲戒者の上記行為は弁護第35条及び第37条に違反し弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する

4 処分の効力を生じた年月日 2011年5月9日

2011年8月1日   日本弁護士連合会