イメージ 1
 
    弁護士2人に30万円支払い命令 地裁佐世保

 民事裁判の被告として根拠のない誹謗(ひぼう)中傷を受け精神的苦痛を負ったとして、佐世保市内の男性(47)が、原告代理人だった同市と福岡市の2人の弁護士に計1千万円の慰謝料を求めた訴訟の判決言い渡しが5日、長崎地裁佐世保支部であった。菊地浩明裁判長は、弁護士2人に計30万円の支払いを命じた。

 判決などによると、弁護士2人は、金の賃借をめぐる訴訟=昨年10月和解=で、借り手の連帯保証人の弁護を担当。原告側控訴理由書(同7月作成)で、被告(貸し手)の男性の行為について「守銭奴とも評すべき

「当たり屋的」「マネーロンダリング類似行為」などと記し、同9月に法廷で陳述された。
 菊地裁判長は弁護士の言葉について「男性の社会的評価を低下させるもの」とする一方、控訴理由書などは第三者に閲覧されておらず、慰謝料は30万円が妥当とした。
 
弁護士非行懲戒専門です
 
弁護士の名前が出ていません。懲戒請求が出ているかもわかりません
おりあえず勝訴おめでとうございます
 
実名おわかりでしたら教えてください
本人訴訟でしょうか?
 
それにしても「守銭奴」「当たりや的」こんなことを控訴理由書に書くという弁護士の倫理観は
どうなっているのでしょうか?
最近、福岡の弁護士のやり放題のネタが多いですが
どうしたんでしょうか福岡県弁護士会
ひとりは長崎市の弁護士と判明
 
弁護士からだけには【お前は守銭奴だ!】とは言われたくない!
 
ごもっとも