弁護士の懲戒処分を公開しています

「日弁連広報誌・自由と正義」201512月号に掲載された弁護士の懲戒処分の公告・福岡県弁護士会・東武志弁護士の懲戒処分の要旨

 

 預り金の清算と返還が遅かった。

■弁護士職務上基本規定(預り金等の返還)第四十五条
弁護士は、委任の終了に当たり、委任契約に従い、金銭を清算したうえ、預り金及び預り品を遅滞なく返還しなければならない。

 

東弁護士は2回目の懲戒処分になりました。

20017 戒告

カジノバーで金銭を賭けてバカラ賭博行為をした 

    

懲 戒 処 分 の 公 告

福岡県弁護士会がなした懲戒の処分について同会から以下のとおり通知を受けたので、懲戒処分の公告公表に関する規定第3条第1号の規定により公告する

1 懲戒を受けた弁護士

氏 名           東 武志

登録番号         14112

事務所          福岡市中央区赤坂1          

               弁護士東武志法律事務所

2 処分の内容      戒 告  

3 処分の理由の要旨

被懲戒者は20101021日Aから消費者金融会社5社に対する過払金返還請求事件等を受任し2011121日までに上記会社のうち4社から264万円の返還を受けたにもかかわらず20137月にAから督促を受けるまで預り金の清算と返還をしなかった。

被懲戒者の上記行為は弁護士職務基本規定第45条に違反し弁護士法第56条第1項に定める弁護士として品位を失うべき非行に該当する。

 4 処分の効力を生じた年月日 201598

2015121日 日本弁護士連合会