青山雅幸衆院議員、セクハラ問題で「被害女性と和解」
 青山雅幸衆院議員(55)=比例東海ブロック=は6日、静岡県庁で記者会見を開き、自身の法律事務所の元女性秘書がセクハラ被害を訴えていた問題で、この女性と和解が成立したと発表した。

青山氏は昨年10月の衆院選に立憲民主党の公認を得て出馬し初当選したが、この問題が明るみに出て無期限の党員資格停止処分を受けていた。党には1月下旬に和解を報告したという。

女性は、青山氏から不快なメッセージを送られたり、抱きしめられるなどのセクハラ行為をされたと一部週刊誌に告白。6日の会見ではセクハラの有無についても質問が飛んだが、青山氏は「和解内容の趣旨、女性の意向もあるので、申し上げられない」とした。

弁護士自治を考える会
青山雅幸弁護士 元静岡県弁護士会副会長
法律事務所の女性事務員にセクハラは国会議員としての問題よりも法律事務所の所長、弁護士として品位を失う非行です。
被害女性と和解したということですが、和解内容に懲戒請求を申立てしないという文言があるかもしれません。
しかし懲戒とは弁護士の非行を知った「何人でも」となっておりますので被害女性でなく誰でも可能です。
弁護士法人ライトハウス法律事務所