うその供述させた弁護士に懲役2年求刑

 

無免許運転で死亡事故を起こした男に虚偽の供述をさせて、車の所有者に罪が及ばないようにしたとして、犯人隠避教唆の罪に問われた弁護士の男(33)=横浜市神奈川区、第二東京弁護士会=の論告求刑公判が2日、横浜地裁(田村政喜裁判長)であった。検察側は「極めて巧妙な手口で悪質」とし、懲役2年を求刑した。判決は2020年2月3日に言い渡される。

 検察側は論告で、逮捕を免れたいと考えた車の所有者から相談を受け、被告が虚偽のストーリーを作り、主導的な役割を果たしたと指摘。虚偽の供述を記載した書面を作って所有者や事故を起こした男ら共犯者と口裏を合わせたとし、「安易に違法行為に及んだ」と非難した。

 弁護側は、実際に主導的な役割を果たしたのは所有者で、被告に責任を転嫁しようとしていると反論。共犯者らの供述の信用性を否定した上で、「有罪に足る証拠はない」とし、改めて無罪を主張した。

 起訴状などによると、被告は車の所有者の男(27)=同罪で執行猶予付き有罪判決が確定=らと共謀し、事故を起こした男(23)=犯人隠避罪で実刑判決が確定=に「勝手に車を持ち出した」などと虚偽の供述をするよう依頼。無免許と知りながら運転させていた所有者に責任が及ばないようにした、とされる。事故は16年5月12日夜、同市泉区の県道で発生。車が道路脇の電柱に衝突し、助手席の男性=当時(18)=が死亡した。

引用 神奈川新聞

https://www.kanaloco.jp/article/entry-212586.html

 

弁護士自治を考える会

依頼者のご希望によりここまでやってしまった。民事ならいざ知らず、刑事事件でこの弁護は弁護士としていかがなのもか、有罪となれば、そして資格まで失うことになります。

求刑時報道各社、弁護士氏名を出しませんでした。逮捕時の報道です。

 

うそ教唆の罪で弁護士起訴 無免許死亡事故、横浜地検 10月16日 共同
無免許運転で死亡事故を起こした男に、車の所有者への捜査が及ばないよう虚偽の供述をさせたとして、横浜地検は5日、犯人隠避教唆の罪で第二東京弁護士会に所属する弁護士、江口大和容疑者(32)を起訴した。
また、車の所有者で建築関係会社の役員、小林太紀容疑者(26)を犯人隠避教唆の罪で、元従業員で無免許運転をしていた無職、佐藤考哉容疑者(22)を犯人隠避の罪でそれぞれ起訴した。
事故は2016年5月12日、横浜市泉区で佐藤被告が運転する車が電柱に衝突し、同乗の男性が死亡した。
起訴状によると、無免許と知りながら運転させていた小林被告の刑事責任を免れさせるため、小林被告と江口被告は共謀し、「勝手に乗用車を持ち出した」と警察官にうそを言うよう佐藤被告に依頼し、佐藤被告は虚偽の供述をしたとしている。
地検によると、小林被告は日常的に佐藤被告に無免許運転をさせていた。発覚しないよう依頼された江口被告が虚偽の話を作ったとみられる。
〔共同〕
引用
逮捕時の報道
死亡事故の男に虚偽供述させた疑い、江口大和弁護士を逮捕 10月16日サンケイ
10/16(火)

 無免許で死亡事故を起こした男に車の所有者に捜査が及ばないよう虚偽の供述をさせたとして、横浜地検は15日、犯人隠避教唆の疑いで、第2東京弁護士会所属の弁護士、江口大和(やまと)容疑者(32)=横浜市神奈川区=を逮捕した。また、同容疑で車を所有していた小林太紀容疑者(26)を、犯人隠避容疑で佐藤孝哉容疑者(22)をそれぞれ逮捕した。

 捜査関係者によると、事故は平成28年5月12日夜、横浜市泉区の路上で発生。小林容疑者の車を借りて無免許運転をしていた佐藤容疑者が電柱に衝突し同乗していた男性を死亡させたとされる。江口容疑者は佐藤容疑者に虚偽の供述をさせ、小林容疑者に捜査が及ばないよう働きかけた疑いが持たれている。 関係者によると、江口容疑者は刑事事件のコメンテーターとしてテレビ番組に出演するなどしていた。

引用 産経

会員情報

えぐち やまと
江口 大和 49752  石川法律事務所  第二東京弁護士会