イメージ 1

弁護士が被告に口止めか 振り込め詐欺の統括者名

被害者の男性が自殺した振り込め詐欺事件の公判が26日、東京地裁立川支部
(安藤祥一郎裁判官)であり、被告の2人が「(詐欺グループの統括者について)
以前の担当弁護士から、取り調べでは『知らない』で通してくれ、と言われた」と、
名前などを出さないよう口止めされたと被告人質問で答えた。
 この弁護士は、取材に対し「そんなことは言ってない。(統括者とされる男から)
別の事件で依頼はあったが、それ以外は答える必要はない」と説明。
現在の弁護人の1人は「口止めが事実ならば問題だ。
弁護士資格をはく奪されてもおかしくない」と批判している。
 2人は泉俊介被告(31)と谷山浩二被告(30)。計約4200万円に上る詐欺罪で起訴され、
うち約3500万円の被害を受けたとされる新潟県の男性は自殺している。
 この日の泉被告らの供述によると、口止めをしたとされる弁護士は、詐欺グループ統括者
として今年7月に逮捕された男(32)の依頼を受け、別の事件でも泉被告らの弁護を担当。
今回の詐欺事件では当初弁護してもらっていたが、今年8月、別の女性弁護士らに交代した 

http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009112601001050.html

弁護士非行専門のブログです

先日も酒井法子の旦那が弁護士から、同じような指図を受け問題になっていました
でも、マスコミがちょっと騒いだ程度でなにもありません

この事件で以前依頼した弁護士が取り調べでは
≪詐欺の首謀者の名前などいらんこと言うな≫と言ったそうです
前の弁護士は統括者から別の依頼を受けていたのならそれくらいは言うでしょう
報酬頂いているのですから
新しい弁護士は

≪弁護士資格をはく奪されてもおかしくない≫と発言

私もほんとうにそう思いますが。弁護士資格はく奪まではちょっと無理かな
では過去の今回と似たような懲戒処分例

こんなんはあります・・

久万知良(クマ・トモヨシ) 登録番号22374
大阪市北区西天満
久万法律事務所
2006年9月 業務停止1月

容疑者に「共犯の名言うな」=接見弁護士を業務停止-大阪

弁護人になるふりをして容疑者と接見し、共犯者の名前を言わないよう指示したとして、
大阪弁護士会は26日、同会所属の久万知良弁護士(66)を同日から1カ月間の
業務停止処分とした。同弁護士は事実を認めているという。
同弁護士会によると、久万弁護士は2004年12月、知人女性から依頼され、
弁護人になるふりをして詐欺未遂容疑で逮捕された男性と接見。
男性と共謀関係にあったこの女性が書いたメモを見せ、共犯者の名前を警察に
黙秘するよう指示した 

こんなんもあります・・


過去に容疑者に接見しに行き、いろいろ指図を受けたりしたらどうなるか
先日、懲戒処分がありました

大阪弁護士会所属の川窪 仁帥 弁護士の懲戒処分の要旨
[簡単な懲戒処分の内容] 09年11月 自由と正義
刑事事件の弁護人になった川窪弁護士
接見に行ってもみ消しや証拠隠滅を図るように被疑者から指示されて伝えた
業務停止3月の懲戒処分 

https://jlfmt.com/2009/11/18/28333/

こちらの方がすごいですが弁護士資格はく奪にはなりません

おまけでこんなんもあります・・

過去、殺人事件の国選弁護人(大阪弁護士会所属)が法廷で
被告人は殺意がなかったと述べて検察側の殺意があったと言う主張と闘いたいと言ったが、
弁護人は [確定的殺意で犯行をしたと発言]  あちゃ~~~
さすがに懲戒処分になりました
戒告でしたが   懲戒年度 	2001年9月 

弁護士資格をはく奪されてもおかしくない行為はたくさんありますが


この程度で弁護士資格をはく奪されることは絶対にありません

さすがにモラルの高い依頼者のためにがんばる大阪弁護士会所属弁護士ばっかしやな~

マスコミもちゃんと弁護士の名前出してほしいな~