粟飯原氏に弁護士会退会命令

体調不良で依頼事案放置

 徳島弁護士会は18日、依頼された事案を放置したなどとして、所属する
粟飯原友義弁護士(61)(徳島市新浜本町)を弁護士法に基づき退会命令の
懲戒処分にしたと発表した。
体調不良で放置したといい、処分により今後事実上、弁護士活動ができなくなる。
退会命令は弁護士資格が取り消される除名の次に重い処分で、昨年は全国で2件。
命令は14日付。同弁護士会によると、粟飯原弁護士は、債務整理などの事案18件の
着手金を受け取ったまま放置したり、事務所を事実上閉鎖し、
約7か月間連絡が取れなくなったりした。
同会や日弁連の会費計約120万円も未納だった。
同会は昨年9月、依頼者が粟飯原弁護士と連絡が取れなくなっていることを知り、
外部委員を含む懲戒委員会が審査するなどして、退会命令を決めた。
 放置された18件のうち15件は、同会が連絡を取るなど何らかの処置をした。
吉成務会長は「同様の被害にあった人がいれば、会に連絡を」と呼びかけている 

弁護士非行専門のブログです

過去、病気で受任した業務ができなくなって懲戒処分はありますが
普通は退会処分まではいきません
他の弁護士が協力して事務をひきついだりします

退会命令の一番大きな理由は行方不明と弁護士会の会費未納だと思います

徳島県弁護士会 08年会員数60名
過去10年間 懲戒処分者2名
なお日弁連弁護士検索ではもう検索できません