1300万円横領認める 元弁護士の山口被告 金沢地裁公判

 元弁護士による着服事件で、依頼人から管理を任された生命保険金1300万円を着服したと
して、業務上横領罪に問われた無職山口民雄被告(40)=勝山市、元金沢弁護士会所属=
の公判は21日、金沢地裁であり、山口被告は「間違いございません」と追起訴内容を認めた。
 検察側は冒頭陳述などで、山口被告が2006(平成18)年7月、遺産分割の処理を依頼された
男性から、調停や訴訟で損害を受けたとして解決金4千万円を要求されたと指摘。同被告は
同年8月に1300万円を支払う約束を守れず男性が激怒したため、
「返還期限を決めていない保険金を解決金に流用しても誰にもばれない」と考え着服に
及んだと主張した。
 起訴状によると、山口被告は死亡した親族の生命保険金の管理を石川県内の別の男性から
依頼された立場を悪用し、06年8月7日、保険会社から同被告の口座に入金させた
保険金約7372万円のうち、1300万円を着服、横領したとしている。
 山口被告は破産した別の男性の総財産から現金計72万円を着服したほか、
東京地検特捜部名義の文書を偽造したなどとして、業務上横領と有印公文書偽造・
同行使の罪でも起訴されている。
 金沢弁護士会は昨年3月、山口被告が依頼者から着手金80万円をだまし取ったとして
詐欺容疑で告発しているが、検察側は21日の公判で余罪の追起訴はしない方針を示した。
2月18日の次回公判で証人尋問や被告人質問を行い結審する 

弁護士非行専門ブログです
山口元弁護士が法廷で罪を認めました
元弁護士というのは金沢弁護士会から業務停止2年の懲戒処分を出され
自ら弁護士登録を抹消したので元弁護士

業務停止2年の処分も甘いのですが、おそらく自ら登録抹消しますからということでしょう
本来ならば除名でしょう
(弁護士の懲戒処分については各弁護士会綱紀委員会懲戒委員会にゆだねられています)
もし大阪弁護士会所属で逮捕が先なら懲戒処分はなかったでしょう
刑事事件で有罪になれば自動的に弁護士登録取り消しになりますから
実際、大阪弁護士会では逮捕されたら懲戒処分はありません

私のブログでは何回も山口民雄弁護士のことを記事にしました
北陸の平和運動や反原発などの左翼活動家でした
労働運動などでも必要な弁護士でした

左翼系弁護士が平和運動家その関係者から訴訟など依頼を受けることがあります
その立場を利用して山口弁護士は事件放置や着手金詐欺のようなことを
しました。同じ思想だとか組合からの推薦とか、手抜きしても文句が言えないことを
利用していつのまにか自転車操業的なことになったのではと
山口弁護士は過去何回も懲戒処分を受けています
ほんとうに依頼者の信頼を裏切る行為です

弁護士の懲戒処分は1回目はほとんど戒告です
しかも何ら報道もなく世間に触れることはありません
戒告処分でもわかるのは私のブログの訪問者くらいです

過去に奈良の弁護士が事件放置で戒告処分を受けました
しかし弁護士会は懲戒処分を一般に公開しなかったことで
この弁護士はな何ら反省することなく業務をしました

そして、またこの弁護士のは非行を重ね事件放置着手金詐欺で被害が増えました
被害者たちは奈良弁護士会を訴えました
戒告処分を知っていたら仕事を委任しなかったと
奈良弁護士会にも責任があると・・・
残念ながら被害者さんたちの訴えは退けられました

反省も更改も謝罪もしない弁護士業界
弁護士は絶対に謝罪しない
謝罪することが負けと思っている

弁護士が裁判所の受付印を偽造する
文句が出た後から答弁書を作成する
勝手に上告する。勝手に和解する
そんなバカなことすることはありえないと皆さんは思うでしょうが
山口元弁護士のような弁護士はいます
懲戒処分もたくさんあります

刑事事件になり被告人になってはじめて謝罪する弁護士
それは、被害者への謝罪ではなく自分の罪を軽くする謝罪ではないのか 

弁護士懲戒処分検索センター
http://shyster.symphonic-net.com/