弁護士が違法な提訴、賠償支払い命じる判決

 東京弁護士会の竹内良知弁護士(67)から違法に提訴され精神的苦痛を受けたとして、竹内弁護士の事務所があるマンション管理会社の役員の男性が、
慰謝料など40万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が14日、
東京地裁であった。

 宮島文邦裁判官は、「法律的根拠を欠いていることを知りながら提訴したことは明らかだ」と述べ、請求全額の支払いを命じた。 竹内弁護士は昨年3月、男性から虚偽の事実に基づく懲戒請求をされたとして、損害賠償を求め提訴したが、男性から反訴され、請求を放棄。今年2月には、同じマンションを巡るトラブルに絡み、拳銃のようなものを構えている自分の写真を管理会社に渡したなどとして東京弁護士会から
業務停止1か月の懲戒処分を受けている。
同様の写真が印刷された名刺は、同地裁にも証拠として提出していた。
弁護士非行懲戒専門ブログです
あの、暴力団の名前らしきものをかたりピストルをかまえた写真をおくりつけて業務停止になった竹内弁護士
懲戒請求とは別にじつわこんなことがあったのですねそれにしても、弁護士もいろいろでごいざいます
業務停止1月の時の記事
11024 弁護士 竹内 良知 東京

 

会員情報
氏名かな たけうち よしとも
氏名 竹内 良知
性別 男性

 

事務所情報
事務所名 竹内法律事務所
郵便番号 〒1500043
住所 東京都渋谷区道玄坂1-15-3 プリメーラ道玄坂212
電話番号