弁護士非行懲戒専門ブログです

2010年4月「自由と正義」に掲載された弁護士懲戒処分の要旨佐竹道憲【沖縄】弁護士の処分の要旨

【簡単な懲戒処分要旨]

交通事故の後遺障害の損害賠償手続きを怠り時効にしてしまった
懲戒処分の公告
沖縄弁護士会がなした懲戒の処分について、同会から以下の通り通知を
受けたので懲戒処分の公告及び公表に関する規定第3条第1号の規定に
より公告する
                 記
1 懲戒を受けた弁護士
氏名 佐 竹 道 憲   登録番号13356 沖縄弁護士会
事務所 佐竹法律事務所
2 懲戒の種別   戒 告 (2010年12月22日業務停止1月に変更)
3 処分の理由の要旨
被懲戒者は20035月ころ、懲戒請求者から交通事故による損害賠償請求
手続きを受任したが後遺障害について損害賠償手続きを怠り、2006
418日の経過により同請求権を時効消滅させた。被懲戒者の上記行為は弁護士法第56条第1項に定める品位を失うべき非行に該当する上記損害賠償請求においては懲戒請求者に相当程度の過失相殺が予想されるものであったこと、懲戒請求者と保険会社が傷害分の外に一定の金額を損害賠償として得ていること被懲戒者が着手金等の弁護士費用を受領していないこと等考慮し戒告を選択した
4 処分の効力の生じた日2009年11月13日
2010年4月1日  日本弁護士連合会