イメージ 1
 
 

「事故で寝たきり」とウソ、賠償請求 東京の弁護士

 第一東京弁護士会は27日、依頼人の交通事故の後遺症を誇張したとして
加茂隆康弁護士(61)を業務停止4カ月の懲戒処分とし、発表した。
 同弁護士会によると、加茂弁護士は2001年12月、交通事故の後遺症が
あるという都内(当時)の男性から損害賠償請求の依頼を受けた。
東京地裁に提訴する際、男性の介護は必要ないと知りながら
「ほとんど寝たきり状態」と主張し、本来請求できない
「将来の介護費(6400万円)」を盛り込んだという。
 訴訟では後遺症の程度が争点となり、加茂弁護士は、実際は同居していない
男性の母親が介護に専念しているよう装う書面などを提出。
ところが、被告の保険会社側から、男性と母親が歩いて買い物している様子を
撮影したビデオが証拠として提出され、うそが発覚した
 加茂弁護士は交通事故の損害賠償請求に関する著書が多く、ホームページには「弁護士がつけば、賠償金額が数倍になることもまれではありません」と記している。最近では裁判員裁判と死刑をテーマにした小説も執筆した。
 
 
弁護士非行懲戒専門ブログです
やはり出ました御用納め懲戒処分公表
この事件は詐欺でも立証できるのではないでしょうか
民事なんて何でもありといういことを証明してくれました
交通事故専門の弁護士さんです
 
加茂弁護士HP
魚拓が間に合いませんでした
 
 
交通事故は金がでないという著書
 
別の本
 
 
 

15278 弁護士 加茂 http://www.nichibenren.or.jp/bar_search/font/E12A.png 第一東京

会員情報
氏名かな かも たかやす
氏名 加茂 http://www.nichibenren.or.jp/bar_search/font/E12A.png
性別 男性

事務所情報
事務所名 加茂http://www.nichibenren.or.jp/bar_search/font/E12A.png康法律事務所
郵便番号 1040061
住所 東京都中央区銀座1-8-17 伊勢伊ビル6階
 
                              

 

http://spysee.jp/faces/436319/ 


加 茂 隆 康
http://webcache.googleusercontent.com/space.gif
1949年9月16日生
http://webcache.googleusercontent.com/space.gif
弁護士、ミステリー作家
http://webcache.googleusercontent.com/space.gif
【学歴および略歴】
http://webcache.googleusercontent.com/space.gif
1972年 中央大学法学部卒
1973年 司法試験合格
1974年 最高裁判所司法研修所入所
1976年 弁護士登録 (第一東京弁護士会所属)
1981年 東京九段に加茂隆康法律事務所を開設
1987年 事務所を銀座に移転、今日に至る

【著書】

「自動車保険金は出ないのがフツー」(幻冬舎新書) 2010年
「審理炎上」(幻冬舎) 2009年
「死刑基準」(幻冬舎) 2008年
「交通事故紛争」(文春新書) 2003年 文藝春秋
「交通事故賠償」(中公新書) 1992年 中央公論社
「よい弁護士、わるい弁護士」(中公新書ラクレ) 2001年 中央公論新社
「交通事故法入門」(カッパブックス) 1997年 光文社
「暴力的被害者に泣かされる加害者のための交通事故の本」 1988年 ぎょうせい
「弁護士カモ君のちょっと休廷」 1994年 角川書店
「弁護士カモ君の事件グルメ」 1989年 ぎょうせい

 

【著述】
 
「企業人のための交通事故対策」 1997年 清話會、先見経済
「弁護士カモ君のコンポート」 1996年 ~ 1997年 毎日新聞社、日曜クラブ
「HOME LAWYER」 1996年 学研、ラ・セーヌ
「自賠責保険制度の運用を改めよ」 1996年 朝日新聞、論壇
「嘆願書 -被害者の嘆き-」 1995年 法務省保護局「更正保護」掲載
「企業を脅かす交通事故とその対応策」 1984年 清話會、先見経済
「ザ・ケース」 1978年~1981年 共同通信社、地方新聞掲載
ほか多数

「弁護士カモ君のちょっと休廷」は
1994年日本エッセイスト・クラブ賞 最終候補作品
「交通事故賠償」は1992年交通図書賞 最終候補作品

【テレビ・ラジオ・映画・DVD】

NHK総合テレビ『おはよう日本』
『家計診断 おすすめ悠々ライフ』
『ニュース7』
『こんにちは いっと6けん』
テレビ朝日 『報道ステーション』
『サンデープロジェクト』
『スーパーJチャンネル』

『スーパーモーニング』
『ワイド!スクランブル』
フジテレビ 『とくダネ !』
『めざましテレビ』
『めざましどようび』
『ニュースJAPAN』
『ウォッ!チャ』
『奇跡体験! アンビリバボー
日本テレビ 『おもいッきりDON !』
『ズームイン!! スーパー』
『スッキリ!!』
『ザ・ワイド』
『報道特捜プロジェクト』
『ジパングあさ6』
『峰竜太のホンの昼メシ前』
TBSテレビ 『イブニング・ファイブ』
『ニュースの裏側』
テレビ東京 『日曜エンタぁティメント! みのサリバンショー』
『トコトンハテナ』
毎日放送(大阪) 『ちちんぷいぷい』
大阪よみうりテレビ 『情報ライブ ミヤネ屋』
山口放送 『リアルタイム山口』
CS放送・朝日ニュースター『ニュースの深層』
文化放送 『高木美保 close to you』
『梶原しげるの本気でDON DON』
『チャレンジ! 梶原放送局』
『吉田照美のやる気MAN MAN』
FMラジオ局 J-WAVE 『JAM THE WORLD FRIDAY』
『JAM THE WORLD』 “ 15 MINUTES ”
に交通事故専門弁護士として出演
    

 

【新聞・雑誌
(1) 読売新聞 2010年7月6日
(2) 読売新聞 2009年5月26日
(3) 西日本新聞 2009年5月15日
(4) 朝日新聞 2009年1月17日
(5) 日本経済新聞 2008年10月20日
 (6) 朝日新聞(秋田版) 2007年7月7日
(7) 週刊朝日 2007年5月25日
(8) 日本経済新聞 2007年2月25日
(9) 日本経済新聞 2007年2月18日
(10) 日本経済新聞 2007年2月11日
(11) 日本経済新聞 2007年2月4日
(12) 読売新聞 2007年1月27日
(13) 読売新聞 2007年1月25日
(14) 日本経済新聞 2006年10月16日
(15) 産経新聞 2006年9月28日
(16) 日本経済新聞 2006年8月27日
(17) 日本経済新聞 2006年8月20日
(18) 日本経済新聞 2006年8月13日
(19) 日本経済新聞 2006年8月6日
(20) 産経新聞 2006年6月16日
(21) 女性セブン 2006年6月22日
(22) 産経新聞(関西版) 2006年5月28日
(23) 朝日新聞 2005年11月10日
(24) 下野新聞 2005年7月27日
(25) 日本経済新聞 2003年5月24日
(26) 朝日新聞 2000年5月24日
(27) 朝日新聞 2000年1月27日
(28) 朝日新聞 1997年4月21日
(29) 朝日新聞 1997年5月7日
(30) 朝日新聞 1996年6月17日
(31) 週刊文春 1994年9月1日号


などに交通事故問題のコメント多数