弁護士の懲戒請求を公開しています
2011年日弁連広報誌『自由と正義』4月号に掲載された弁護士懲戒処分の要旨
東京弁護士会所属【弁護士法人かすが総合】の懲戒処分の要旨
 
過去に弁護士法人が処分されたのは先日の弁護士法人アデーレ法律事務所が初めてです。事務所ぐるみ、支店も交えて事件放置や報酬で依頼者と問題を発生させました。また代表の石丸幸人弁護士も処分されました
弁護士法人アデーレ法律事務所懲戒処分
今回の弁護士法人かすが総合は弁護士法人のみが懲戒処分されています。代表の亀井美智子弁護士の処分はありません
弁護士の懲戒処分は個人、担当弁護士の行為が不法であると処分されます今月は兵庫弁護士会の弁護士法人ライト法律事務所の3人の弁護士が別べつに処分されています。しかし法人は処分されていません
今回の懲戒処分の内容は、依頼者を訴えたという事件
あってはなりませんがたまにあることです。過去は戒告しかありません

 

男性のO弁護士と女性のH弁護士です
どちらかが担当弁護士であったとするのが一番この懲戒処分を理解できます
この女性弁護士のH先生について紹介されているブログがあります
かすが総合も調査をしています
それでは正確な懲戒処分の要旨をご覧ください             
        懲 戒 処 分 の 公 告
東京弁護士会がなした懲戒の処分について同会から以下のとおり通知を
受けたので懲戒処分の公告及び公表等に関する規程第3条第1号の規定により公告する
                記
1 処分を受けた弁護士法人
  名前  弁護士法人かすが総合
  登録番号  8
  主たる事務所
  名称 弁護士法人かすが総合
  所在地  東京都千代田区麹町3-3
  所属弁護士会    東京弁護士会
2 処分の内容     業 務 停 止 1 月
3 処分の理由の要旨
被懲戒弁護士法人は懲戒請求者から損害賠償請求の示談交渉を受任していたにもかかわらず懲戒請求者の母Aの依頼を受け懲戒請求者及びAの同意を得ないまま2007年8月17日付で懲戒請求者に対する遺留分減殺請求の通知を行い引き続き調停の申立て、訴訟の提起の法的措置を採った
被懲戒弁護士法人の上記行為は弁護士職務基本規定第66条第1号に違反し弁護士法第56条第1項に定める弁護士法人としての品位を失うべき非行に該当する
4 処分が効力を生じた年月日
 2011年1月12日
 2011年4月1日   日本弁護士連合会
参考
弁護士職務基本規定第66条第1項
第六十六条弁護士法人は、前条に規定するもののほか、次の各号のいずれかに該当する事件については、その業務を行ってはならない。ただし、第一号に掲げる事件についてその依頼者及び相手方が同意した場合、第二号に掲げる事件についてその依頼者及び他の依頼者のいずれもが同意した場合並びに第三号に掲げる事件についてその依頼者が同意した場合は、この限りでない。
一受任している他の事件の依頼者又は継続的な法律事務の提供を約している者を相手方とする事件
二依頼者の利益と他の依頼者の利益が相反する事件
三依頼者の利益とその弁護士法人の経済的利益が相反する事件