弁護士の懲戒処分を公開しています
2011年4月 日弁連広報誌「自由と正義」に掲載された弁護士懲戒処分要旨
札幌弁護士会 中尾天弁護士の懲戒処分の要旨  
【簡単な内容】 
20068月に自己破産事件を受任20104月まで事件放置
依頼した方は一生に一度あるかないか弁護士は毎日のように新しい仕事が入ります
儲かる仕事、名誉が得られる仕事からやります
弁護士は事故破産の仕事を『ゴミ事件』といいます
 依頼者の立場に立って仕事をすることをモットーにしています】
中尾天法律事務所
 
          

懲 戒 処 分 の 公 告
札幌弁護士会がなした懲戒の処分について同会から以下の通り通知を受けたので懲戒処分の公告公表に関する規定第3条第1号の規定により公告する
1 懲戒を受けた弁護士
氏 名 中 尾 天 登録番号 21628  札幌弁護士会
事務所 札幌市中央区南1条        中尾天法律事務所
                    
2 処分の内容   戒 告
3 処分の理由の要旨
被懲戒者は2006年8月16日懲戒請求者の父及び姉の自己破産の申し立て等を受任した。被懲戒者は20071127日頃には両名の自己破産の申立が可能だったにもかかわらず2010420日に申立するまでに自己破産申立の事務処理を遅滞した
被懲戒者の上記行為は弁護士職務基本規定第35条の違反し弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する
4 処分の効力を生じた年月日
 2010年12月21日
2011年4月1日   日本弁護士連合会
弁護士職務基本規定第35
(事件の処理)
第三十五条弁護士は、事件を受任したときは、速やかに着手し、遅滞なく処理
しなければならない。