弁護士の懲戒処分を公開しています
2011年12月号日弁連広報誌「自由と正義」に掲載された弁護士懲戒処分の要旨第二東京弁護士会、佐藤博史弁護士の懲戒処分の要旨
 
あの足利冤罪事件の主任弁護人を務め今や検察官などに講演しておられるという超有名な弁護士
 

懲戒処分の公告

                  記
1 処分を受けた弁護士
氏名    佐藤博史
登録番号 14247
事務所   東京都港区赤坂3-20-6
       パシフィックマークス赤坂見附3階
       新東京総合法律事務所
2 処分の内容  戒 告
3 処分の理由の要旨
 被懲戒者は、2003年10月16日に交通事故の被害者である懲戒請求者から法律相談を受け、同年11月10日に同交通事故に基づく損害賠償事件について財団法人法律扶助協会の援助決定を得て、着手金31万5000円、代理援助実費3万5000円を受領した。その後、被懲戒者は、同年12月10日、損害保険会社に対し損害額を積算した請求書を送付し、2004年8月頃、当時の勤務弁護士に訴状案を起案させたが、2006年6月20日頃、事件の進捗状況について懲戒請求者から問い合わせを受けた同弁護士から、懲戒請求者に連絡をするよう連絡を受けるまで、特段の事件処理をせず、その間2005年1月に懲戒請求者の後遺障害による損害賠償請求権を時効により消滅させた。
 被懲戒者の上記行為に、弁護士法第55条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。
4 処分が効力を生じた年月日
       2011年9月6日
       2011年12月1日
       日本弁護士連合会