弁護士の懲戒処分を公開しています
20121月号日弁連広報誌≪自由と正義≫に掲載された弁護士懲戒処分の要旨
横浜弁護士会所属 松浦光明弁護士の懲戒処分の要旨
 
【簡単な内容】
上告申立てを期間内にしなかった
 
過去多くの事例あり。すべて戒告です
珍しくもなんともありません。書く方もあきてきました。
しかもベテランばかりが起こすミスです
正月休みとかGWの連休の日数の計算を入れていない等の単純なミスが多い
 
 
松浦弁護士の職務信条(ポリシー)
「法律事務所は敷居が高い!」という従来のイメージを一掃して、少しでも皆様に親しみやすく、私自身”いつも皆様のそばにいる弁護士”を目指していきたいと思っております。
 
       

   懲 戒 処 分 の 公 告
横浜弁護士会がなした懲戒の処分について同会から以下の通り通知を受けたので懲戒処分の公告公表に関する規定第3条第1号の規定により公告する
1 懲戒を受けた弁護士
氏名 松 浦 光 明 登録番号 17895    横浜弁護士会
事務所 横浜市中区住吉町   港都綜合法律事務所   
               http://www.bengo4.com/search/detail/107752
2 処分の内容        戒 告
3 処分の理由
被懲戒者は懲戒請求者から貸金返還請求事件の上告及び上告受理申立てを受任し201057日懲戒請求者代理人として各申立てを行ったが、法定期間内に上告理由書及び上告受理理由書を提出せず、同年77日、上告及び上告受理申立てが却下された
被懲戒者の上記行為は弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。
4 処分の効力を生じた年月日
 2011104
201211日   日本弁護士連合会