共に考えましょう 弁護士自治・法曹倫理
記事
  • HOME »
  • 記事 »
  • 弁護士に関する記事 »
  • 「本当に情けない…」依頼を4年半放置した弁護士を懲戒処分・宮野皓次弁護士(兵庫)

「本当に情けない…」依頼を4年半放置した弁護士を懲戒処分・宮野皓次弁護士(兵庫)

イメージ 1
「本当に情けない…」依頼を4年半放置した弁護士を懲戒処分

 

 依頼を放置したとして、兵庫県弁護士会は11日、神戸市中央区多聞通の「宮野皓次法律事務所」の宮野皓次弁護士(72)を業務停止2カ月の懲戒処分としたと発表した。
 処分は10日付。
 県弁護士会によると、宮野弁護士は平成20年11月、男性から債務整理の依頼を受け、男性が70万円過払いしていたことなどを把握していたが、回収手続きなどをせず25年5月までの間、放置。男性に過払いはないとする虚偽の報告をしたり、事件の進捗(しんちょく)状況などを説明しなかったりしていたという。
 同会の鈴木尉久会長は、「弁護士全体の信頼を損ない、残念。職業倫理以前の問題で、本当に情けない」とコメントした。
http://news.livedoor.com/article/detail/8622537/
弁護士自治を考える会
≪本当に情けない≫と兵弁の会長に言われてしまいましたベテラン弁護士
なぜなら今年に入って2件目の懲戒処分なのです。
マスコミは気がついてないし兵庫県弁護士会も聞かれないから言わないのでしょうが・・・・
1回目と2回目では記事の書き方も違うと思いますが。
1回目で兵弁が業務停止2月を出すわけがありません。
2回目だから業務停止までいったのです。
1回目の戒告についての情報はありません。
【2月28日付官報】

イメージ 1
弁護士の懲戒処分を公開しています。
2014年2月28日付『官報』に公告として掲載された懲戒処分
兵庫県弁護士会・宮野皓次弁護士の懲戒処分の公告
201411日から通算13人目、平成25年度(41日から)89人目です。
      懲 戒 の 処 分 公 告
 
弁護士法第64条の6第3項の規定により下記のとおり公告します。
             記
1 処分をした弁護士会    兵庫県弁護士会
2 処分を受けた弁護士氏名  宮野 皓次
       登録番号16934
 事務所   神戸市中央区多門通
       宮野皓次法律事務所                       

3 処分の内容   戒 告
4 処分の効力が生じた日
  2014年1月29
  2014210日  日本弁護士連合会
 

 

Wordpressで検索

googleで検索

アーカイブ

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 弁護士自治を考える会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.