共に考えましょう 弁護士自治・法曹倫理
記事

弁護士懲戒処分情報12月22日付官報通算104件目吉川晃史弁護士(東京)

http://@GALLERY/show_image.html?id=36037955&no=0 へ

弁護士の懲戒処分を公開しています。
2016年12月22日付官報に掲載された弁護士の懲戒の処分公告
201611日より通算104件目
日弁連の計算・1月1日より処分が有効になった件数101件目

東京弁護士会・吉川晃史弁護士の懲戒処分の公告


懲戒の処分公告
弁護士法第64条の6第3項の規定により下記のとおり公告します。
             記

1 処分をした弁護士会   東京弁護士会
2 処分を受けた弁護士  
        氏名     吉川晃史
       登録番号    51853
        事務所    東京都港区新橋1
              伊勢佐木町法律事務所
        
3処分の内容          業務停止1月
4処分が効力を生じた年月日  平成28年12月5
 平成28年12月8日   日本弁護士連合会

ついに登録番号5万台の懲戒処分が出てきました。

12月9日付朝日新聞

「他人」で出頭、弁護士処分

2016年12月9日05時00分
  民事裁判に出席する際に記入する「出頭カード」に他人の名前を書いたとして、東京弁護士会は8日、同会所属の吉川晃史弁護士(35)を業務停止1カ月の懲戒処分にしたと発表した。処分は5日付。


Wordpressで検索

googleで検索

アーカイブ

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 弁護士自治を考える会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.