ボス弁が自分の事務所に所属する弁護士に対し監督責任があるか、ないかを問われた懲戒請求

 

 
 
岡山弁護士会元会長の法律事務所に事件を依頼をしに行った。
当然、元会長が受けてくれると思っていたが、紹介されたのは新人弁護士、この新人さん事件の着手、処理が遅い、訴訟の提出先裁判所を間違えた。酒飲んで裁判を、無断欠席、法廷ではしゃべらない。等々
よくこんな弁護士を紹介してくれましたねと元会長にいうと「お気に召しませんでしたか!?」と言われた。
ボス弁は勤務弁護士の監督義務はありませんと答えた。
 
依頼人は、新人弁護士とボス弁の元会長に紛議調停をだし不調になり、その後懲戒請求を所属の岡弁に申し立てた。
 
岡山弁護士会は、岡山の弁護士のレベルはこんなもんです。どこも非行にはあたりませんと懲戒請求を棄却をした。
その後、岡山地裁に着手金返還訴訟を提起(本人訴訟)して弁護士らの不注意な行為を認め原告の請求を認めた。
 
1月27日 岡山地裁 弁護士らに請求を認めた判決の報道
① 新人弁護士への懲戒請求【棄却の議決書】岡山弁護士会綱紀委員会
② ボス弁、元会長に対する懲戒請求(棄却)岡山弁護士会綱紀員会
ボス弁が自分の事務所に所属する弁護士に対し監督責任があるか、ないかを問われた懲戒請求
イメージ 3
イメージ 2
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 1