官報公告 令和2年度 日本弁護士連合会役員就任公告

4月1日付官報で令和2年度の日弁連役員就任の公告が掲載されました。

会長以外は任期1年です。昨年から13人の副会長を女性枠で2名追加され15名の副会長となりました。

 

日弁連の役員は面白い傾向があります。

弁護士のみなさんはご存じですが一般市民はあまり詳しくも興味もありませんでしょうが。

いくつかご紹介します。

① 東京・一弁・二弁・大阪の会長は必ず日弁連副会長に就任

② 日弁連会長より先輩弁護士は副会長になれない。今年は同期の川下大弁会会長のみ。ゆるやかに世代交代が進みます。

今期最若手は山口謙治弁護士 32671 秋田県弁護士会長ですが、日弁連理事に就任

③ 地方の弁護士会会長でも副会長になれない。地元の実力者が副会長になり会長は理事になる。この場合も先輩弁護士が副会長になる

④ 理事は地元の実力者と次期会長候補、

 

 

日弁連会長 荒 中 (仙台)17845 荒総合法律事務所

日弁連会長は2年任期(月給100万円、賞与6か月年2回)

副会長(13人 女性枠2名)合計15名(月給60万円 賞与2回6か月)1年任期

副会長

(1)冨田秀美弁護士(東京)18089 赤坂見附総合法律会計事務所

2020年東弁会長 https://www.toben.or.jp/know/toben/aisatsu/

 

(2)寺前隆弁護士(第一東京) 19248 牛島・寺前・和田法律事務所

2020年一弁会長 http://www.ichiben.or.jp/about/aisatsu.html

 

(3)岡田理樹弁護士(第二東京)20618 石井法律事務所

2020年二弁会長https://niben.jp/niben/guide/message.html

 

(4)延命政之弁護士(神奈川県)21790 延命法律事務所

カナ弁元会長 http://www.emmei-law.com/office/lawer/

今回会長剱持京助弁護士22973は理事に就任

http://www.kanaben.or.jp/profile/gaiyou/greeting/index.html

 

(5) 關本喜文弁護士(山梨)24610 せきもと法律事務所 

2015年会長

http://jcpyamanashi.cocolog-nifty.com/ken/2015/09/post-bfd1.html

新会長 深澤勲弁護士27300は理事に就任

 

(6) 川下清弁護士(大阪)17520 梅田総合法律事務所

2020年大阪会長http://www.osakaben.or.jp/01-aboutus/02_2020.php

 

(7)白浜徹郎弁護士(京都)20338 弁護士法人白浜法律事務所

平成27年度  京都弁護士会会長

新会長 日下部和弘弁護士 22766は理事に就任

 

(8) 山下勇樹(愛知)20046 山下法律事務所

2020年愛弁会長https://www.aiben.jp/about/aisatsu/index.html

 

(9) 舩木孝和弁護士(広島)18903 ひまわり法律事務所

平成26年度広弁会長足立修一弁護士22102は理事に就任

 

(10)上田英友弁護士(福岡)

2018年福弁会長 20652 福岡国際法律事務所

新会長多川一成弁護士(22924)は理事に就任

 

(11)鎌田健司弁護士(仙台)24465 あすなろ法律事務所

平成31年度会長 新会長十河弘弁護士24462は理事に就任

(二人は同期)

 

(12)大川哲也弁護士(札幌)22779 橋本・大川合同法律事務所

新会長 砂子章彦24969は理事に就任

 

(13)五葉明徳弁護士(愛媛)22636 五葉法律事務所

元会長

新会長森本明宏弁護士29681は理事に就任

 

(女性枠)

(14)西村依子弁護士(金沢)19988 あおぞら共同法律事務所

新会長宮西香弁護士は理事に就任

http://www.kanazawa-bengo.com/about/greeting/index.html

 

(15)狩野節子弁護士(秋田)22535 第一合同法律事務所

2010年秋弁会長

2020年山口謙治弁護士32671は理事に就任

https://akiben.jp/profile/president2020.html

大阪弁護士会マスコット「トリベン」

理事に就任した弁護士も官報に公告として掲載されています。71名

単位弁護士会会長歴任者と新会長が理事になります。東弁8名一弁4名二弁3名大阪3名が毎年理事に就任し他は1名が理事に就任します。東弁の実力者 伊藤茂昭弁護士元東弁会長が筆頭です。女性の役員を増やすといいながら70名の理事から女性は8名です。

大阪弁護士会は3名理事を送り込んでいますが、今年は会長経験者はいません。田中宏弁護士は弁政連推薦?澤田有紀弁護士は初の副会長、三木秀雄弁護士(大阪)18830会長未経験者ですが大弁会の派閥、友新会の幹事や大弁会の副会長を経験しています。今期の大阪弁護士会の会長の川下清弁護士は法曹公正会という派閥に属しています。

筆者の予想では、来季、友新会が推挙すれば、いよいよ三木秀夫大阪弁護士会会長になるのではないかと予想しています。三木先生は船場吉兆の女将の会見や小保方さんの代理人を務め、大阪弁護士会のマスコットトリベンを発案した方です。