共に考えましょう 弁護士自治・法曹倫理
記事
  • HOME »
  • 記事 »
  • 弁護士に関する記事 »
  • 恐喝事件の被害届「取り下げろ」キャバクラ経営男性を脅迫 容疑で暴力団組長の男ら6人逮捕・京都の弁護士が示談書作成

恐喝事件の被害届「取り下げろ」キャバクラ経営男性を脅迫 容疑で暴力団組長の男ら6人逮捕・京都の弁護士が示談書作成

 

恐喝事件の被害届「取り下げろ」キャバクラ経営男性を脅迫 容疑で暴力団組長の男ら6人逮捕

 恐喝事件の被害届を取り下げさせたとして、京都府警組対2課と山科署などは3日、強要と証人威迫の疑いで、特定抗争指定暴力団神戸山口組系の組長の男(56)=住所不定=ら6人を逮捕した。

 逮捕容疑は共謀して昨年10月7~8日、京都市東山区のキャバクラを経営していた男性(26)が東山署に出した組員らによる恐喝事件の被害届について、中京区の飲食店に男性を呼び出して「被害届なんか出したら京都で仕事はできないぞ。取り下げろ」などと約5時間にわたって脅迫。同区の法律事務所で示談書を作成させた上で、東山署で被害届を取り下げさせた疑い。6人は容疑を否認している。 府警は、男性から225万円を脅し取ったとして、恐喝容疑で組員ら4人を今年7月に逮捕していた。

 

弁護士自治を考える会
どんな方であろうと、どんなご依頼であろうとお金さえいただければ、どんなことでもさせていただきます。京都弁護士会一同
センセいつもありがとうございます。

 

Wordpressで検索

googleで検索

アーカイブ

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 弁護士自治を考える会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.