通知は弁護士自治を考える会

日弁連広報誌『自由と正義』4月号が届きました。178回目の投稿です。

弁護士が受けた懲戒処分の要旨が公告として掲載されています。(写真は2010年のもの)自由と正義は毎月発行です。あなたが取った懲戒処分の記念にぜひ1冊。お申込みは、日弁連広報課 自由と正義担当 03(3580)9840年間購読費12000円(税別)1冊でも購入可能です。

日弁連新たな金字塔 懲戒処分者・全弁護士会制覇!!

2022年4月12日官報弁護士懲戒処分公告、釧路弁護士会で初の処分が出ました、これで全国の弁護士会(全52会)全てで懲戒処分者が出ました。

おめでとうございます。

これまで釧路だけが処分なしの弁護士会でした。釧路の弁護士といえば、あの日本を「前科者」だと言った弁護士女子(釧路のお弁女さん)と早とちりした方もおられると思いますが、違いました。処分の出しやすい??、外様のアデイーレ法律事務所釧路支部の弁護士の処分でした。詳細は8月号までお待ちください。

4月の官報の弁護士処分公告は、まだ3月の処分です、年度末に在庫一掃のように出てきています。4月15日現在37件とまずまずのペースです。これでいくと、4年連続の処分100件超えは間違いないと思います。達成になれば、これも日弁連新記録です。

弁護士懲戒処分検索センター shyster.sakura.ne.jp

日弁連広報誌「自由と正義」2022年4月号

4月から新しく各弁護士に会長や役員が就任されました。4月号には日弁連新会長小林元治弁護士の「会長就任にあたって」という、ごあいさつが掲載されています。

『特集』は、【労働者側からみたハラスメント問題とその対応】東京弁護士会・佐々木亮弁護士 旬報法律事務所・自由法曹団の投稿が掲載されています。あの大量懲戒事件で懲戒申立を受けたと約1000人の市民に対し総額約3億円の損害賠償訴訟を提起した。懲戒請求を出せば訴えられるから懲戒は行わない。という人も出てきた。弁護士への懲戒請求が減った原因を作ったこと、新しい弁護士のビジネスを構築したことが日弁連に認められ、良くやったと論功行賞で巻頭の投稿掲載になったのではないかと推測します。4月までの自由と正義の編集兼発行人(日弁連事務総長)は、大量懲戒時にドタバタして何ら指導力も出せない東弁会長でした。

自由と正義の特集記事の掲載されれば、東弁副会長の道が開けたとみてもよいでしょう。

佐々木弁護士が3億稼いでくれれば有楽町ガード横の焼き鳥屋の焼き鳥の臭いがするエレベーターのビルからオシャレな虎ノ門あたりに引っ越せるかも!

ごあいさつ 会長就任にあたって【小林 元治】ひと筆 被災地を駆け抜ける【清水谷洋樹】

特集 職場でのハラスメントに関する今日的状況と展望

労働者側からみたハラスメント問題とその対応【佐々木 亮】

使用者が講じるハラスメント対策の意義【中井 智子】

 連合調査からみた職場におけるハラスメントの現状【井上久美枝】

  改正労働施策総合推進法への中小企業の対応と商工会議所の取組について
~中小企業の現状と課題~【杉崎 友則】

連載 弁護士任官の窓(第170回)

家事調停官について【久保田 仁】

スタッフ弁護士奮闘記-道しるべになりたくて-(第88回)
コロナ禍における2年間の活動記録〔法テラス千葉法律事務所〕【辻? 唯花】

弁護士しています~弁護士職務経験の声~(第31回)
弁護士職務経験を振り返って【平古場郁弥】

弁護士のための新法令紹介(第474回)
地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法律(令和3年法律第54号)【衆議院法制局

自由と正義4月号 2021年7月8月9月10月11月に処分された弁護士の処分要旨です。

4月号は12件、(通算番号は1月号からの件数)

自由と正義2022年 4月号 12件

通算  氏名 所属  登録番号 処分 処分日  処分回数 

㉔ 中井光 大阪 24252  戒告 7月13日  初 

事件放置。依頼者に希望に沿わない事件処理 

㉕ 高田康章 東京 45188 業務停止8月 8月11日 初 

非弁提携

㉖ 半田基 第二東京 30404 業務停止6月 9月8日 5

事件放置、預かり品返還せず、説明報告せず 

㉗ 伊東哲夫 静岡 17970 戒告10月25日 初

委任契約せず、報酬の説明せず 

㉘ 吉岡大司 鹿児島 33274 業務停止1年 10月25日 初

預り金流用、返還せず 

㉙ 河野哲 50544 第二東京 戒告 10月28日 初 

高額な報酬を請求 

㉚ 猪野雅彦 28946 第二東京 業務停止10月 11月10日 5 

二弁の懲戒スター 委任契約せず、報告せず、預り金返還せず 

㉛ 岡崎晃 27358 兵庫 戒告 11月10日 2

秘匿したい債務者の風俗店勤務を通知 

㉜ 星正秀 21190 東京 退会命令 11月22日 初 

弁護士会費滞納 46万4800円 

㉝ 林厚雄 51911 愛知 退会命令 11月23日 初

行方不明 

2022年1月31日付 弁護士登録数 42944名
登録取消
1月18日 髙島章 22968 新潟 請求
懲戒処分8回の高島章先生が登録取消されました。
1月31日 佐々木智英 40257 神奈川 請求
懲戒の処分公告

弁護士法第64条第63項の規定により下記のとおり公告します。

          記

1 処分をした弁護士会 神奈川県弁護士会    
2 処分を受けた弁護士氏名 佐々木智英

登録番号 40257          
事務所 横浜市青葉区市ケ尾町1157-5 BULDING201

佐々木智英法律事務所         
                
3 処分の内容 業務停止1年        
4 処分の効力が生じた日令和3年12月21日
  令和3年12 月23 日     日本弁護士連合会

 

登録取消情報 法17条関係

①12月14日 川窪仁帥 大阪 14130 法17条1号

依頼人から預かった遺産”約4200万円”を横領 川窪仁帥弁護士(大阪)に懲役5年の判決

②1月14日 田中宏明 東京 26086 法17条3号 

東弁会報リブラ懲戒処分の公表 田中宏明弁護士分(退会命令) 2021年12月号

日弁連広報誌「自由と正義」2022年1月号~12月号 

2022年弁護士懲戒処分官報公告 (1月~12月)