イメージ 1

紛争報酬めぐり丸山弁護士に1千万円支払い命令

自民党参院議員の丸山和也弁護士 参院議員の丸山和也弁護士の
法律事務所に所属したオーストラリア人弁護士が、企業間の紛争事件の
報酬をめぐって、4000万円の支払いを求めていた訴訟の判決が16日
、東京地裁であった。佐久間邦夫裁判長は、丸山弁護士に1000万円の
支払いを命じた。
 報酬をめぐる合意の有効性が争点となり、佐久間裁判長は
「オーストラリア人弁護士が報酬増額を要求したからといって
、合意を解除することはできない」とし、丸山弁護士の主張を棄却。
顧客の企業から支払われた報酬1億円のうち2割に支払い義務があると
判断し、既払い分との差額の支払いを命じた。
 判決によると、オーストラリア人弁護士は平成18年12月までの
11年間、都内にある丸山弁護士の事務所で、外国法の事務を扱う
弁護士として活動した 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081216-00000612-san-soci

第一東京弁護士会に懲戒申立が出ているとの報道はない

丸山弁護士は企業の顧問弁護士をたくさんしており
外国企業とのM&Aとか著作権や特許
外国での企業の活動などを法律的にバックアップする弁護士

かなり稼いでいるようである

弁護士としてカッコ悪いのは報酬でのもめごと・・
しかも仲間割れとは情けない
それで裁判にされ敗訴するのは弁護士として
一番かっこ悪いんじゃないかな~

私の想像ですが
訴えた弁護士も丸山事務所にいたということですが
ノキ弁とイソ弁の扱いの違いでしょうか?

丸山和也 登録番号13673 第一東京弁護士会
丸山国際特許法律事務所
東京都港区赤坂1
http://maruyama-kazuya.com/