イメージ 1

世の中では「無期懲役」になっても15年くらい刑務所でまじめに
お努めしていたらシャバに出てこれるという方もいますが
「自由と正義」12月号に「無期懲役刑」に関するデータが公開されました
抜粋になりますが興味深いものがあります
お時間ある方はご覧ください(写真は法務省)

【無期懲役と仮釈放制度のデータ】

(1)  【無期懲役になる検挙人数】
     殺人  強盗致死  合計
1972年  2188   48    2236
 ↓
1982年  1768   42    1810
 ↓
2000年  1416   109    1525
 ↓
2006年  1241   83    1324 

(2) 【第1審による無期懲役刑の言い渡し】

     殺人  強盗致死   他  総数
1977年  15    34     2   51
 ↓
1992年  14    19     1   34
 ↓
2000年  20    47     6   88
 ↓
2006年  26    71     2   99 

(3) 【無期懲役刑の新受刑者数】

     男     女    合計
1975年  37     2     39
 ↓
1985年  35     4     39
 ↓
2000年  58     2     60
 ↓
2007年  79     10    89

(4) 【無期懲役受刑者の年末在所者数】

     男     女    総数
1975年  833     13    846
 ↓
1985年  737     21    758
 ↓
2000年 1014     33    1097
 ↓
2007年 1584     86    1670

(5) 【無期懲役者の仮釈放と受刑在所期間】
 
年   仮釈放者数  14年以下 15~20年以下  20年超
1983年  46      11    23       4
1993年  17      1    13        3
2000年  7       0     0        7
2007年   3       0     0             3
(6) 【無期懲役者の実態】

         平成5年   10年   15年   19年(2007年)
新受刑者      27     46    114   89
年度末       883    968    1152  1670
仮釈放者      17     15     14   3
平均在所期間  217月    250月    280月  382月 

(7) 【年度末受刑者数】

     平成5年   15年   19年   
在所人数 45,525   69,502  79,809

(8) 【2008年無期懲役執行済刑期】

     25年~30 30~35  35~40 45~50 50~55  55年以上
執行人数   105   41    8   10   5     1
2008年総数192
無期懲役になっても15年くらいまじめにやっていたら
シャバに出てこれるというのはもう過去の事で
1995年以降は在所期間20年
2004年以降は在所期間25年
2007年は在所期間30年 
1975年には105人もいた仮釈放者が2006年3人2007年も3人となりました
1998年から2007年のうち120人が獄死している
 
もちろん仮釈放していいかという議論もありますでしょう

30年経って出てきても身元を保証する家族がいないとか受け入れてくれる場所もないというのが実情ではないかとレポートしています
今回の日弁連の無期懲役に関するレポートは
ここまで長く刑を執行されているだから死刑は不要であると日弁連は主張したいようです
そして仮釈放制度があるのだからもっと機能させよつまり無期懲役者の仮釈放者をもっと増やすべきと