イメージ 1

詐欺:田中森一元検事、無罪主張の方針

2月4日初公判
元特捜検事、田中森一被告=東京都清瀬市で2008年1月、弁護士時代に依頼人の男性から9000万円を預かり金の名目でだまし取ったとして、詐欺罪に問われた元特捜検事、田中森一被告(65)の初公判が2月4日、大阪地裁(和田真裁判長)で開かれる。
「詐欺はしていません」と無罪を主張する方針で、弁護人によると、
男性との民事訴訟は和解が成立。
別の詐欺事件で有罪が確定し収監された大阪拘置所で、哲学書などを
読みふける生活といい、古巣の大阪地検との対決に準備万端のようだ。
 起訴状などによると、田中被告は弁護士だった02年10月、出資法違反容疑で取り調べを受けていた金融業の男性から弁護相談を受けた際、
「捜査が落ち着くまで預かり、後日返す」などと言い、
9000万円を詐取したとされる。
 民事訴訟では、男性へ9000万円の支払いを命じる判決が確定。
弁護人によると、昨年末に3000万円を支払う内容で、訴訟外で示談が
成立し、うち2000万円を既に支払った。
示談の成立を伝えると、田中被告は「解決して良かった」とほっとした
表情を見せたという。
 刑事裁判は争点を絞る公判前整理手続きが実施され、初公判後、予備日も含め公判を7回開き、5月19日に結審する予定。
弁護人は「接見する度に書籍の差し入れを頼まれた。好奇心は旺盛で至って
元気。出所後に今回の体験談でも出すつもりかもしれない」と話している 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090131-00000041-mai-soci

新聞などでは特捜の元検事だがこのブログではやはり元弁護士だ
昨年3月31日の検事や裁判官や弁護士会会長の異動や新任の
ドサクサに刑務所に入った
だから検察も大阪弁護士会も何もコメントはしなかった
いや。その時期を狙っての収監と私は見た

さて。9000万円を脱税等の依頼で弁護士が預かった
これも違法行為ではあるが民事では示談も成立している。
3千万返す約束で残りは報酬と田中元弁護士はいうが
他にもややこしい依頼がなければこれほど高い報酬は取れない
検察は詐欺罪を主張しているが。さてどうだろうか??
9千万円のうち3千万円は返すが残りは報酬とする。
そのような示談であれば検察はどう切り崩すのだろう
この事件で詐欺罪を問えるなら、弁護士が預かり金を勝手に流用したり
勝手に高い報酬を差し引く弁護士がたくさんいる
懲戒処分はあるが詐欺罪までは問えなかったものが多い
注目すべき裁判だ