イメージ 1

国選弁護:水増し請求問題、岡山の弁護士を処分し刑事告訴

(写真は法務省)

捜査段階の容疑者に国費で弁護士を付ける被疑者国選弁護制度を巡る水増し請求問題で、日本司法支援センター(法テラス)は26日、黒瀬文平弁護士(67)=岡山弁護士会=を、国選弁護の契約を今後3年間結べない契約解除処分にし、岡山県警に詐欺容疑で告訴したと発表した。3年間の契約解除は最も重い処分。
 法テラスによると、黒瀬弁護士は07年3月~08年5月に受任した被疑者国選弁護の7事件で、24回しか容疑者と接見していないのに47回と報告。34万1700円を水増し請求し、報酬86万円余を受け取った。法テラスは告訴した理由を「故意(の水増し)と考えざるを得ない」としている。国選弁護報酬は法テラスを介して支払われており、水増し分の返還も請求する。
法テラスは不正の再発防止策を検討しており、定期的な調査の実施や、報酬請求の際に接見の事実が確認できる資料の添付などを弁護士に求める方針 

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090226k0000e040063000c.html

やっと刑事告訴だ
まじめにやってる弁護士のためにも
もっと早く刑事告訴すべきだ
(発覚は昨年10月)

過去、弁護士が国選弁護人で問題を起こした例は
面会に行かない(接見)
国選なのに報酬を取った
国選を私選に替えてほしいと言った
容疑者が買い物をしてきてと弁護士にお金を渡したら金をくすねた
面会に行かずに君が犯人と決め付けて裁判をした
などなど・・じゃまくさいとか金にならんという懲戒事例が過去にある
ほとんどが戒告処分だ
懲戒請求したくても拘置所の中にいたり弁護士の圧力でなかなか
できない。それでも懲戒例はかなりある
今回のは一番ひどい
回数をごまかして報酬を得る
最低の弁護士だ 

ただし弁護士懲戒処分については刑事事件の判断がでるまでは
岡山弁護士会はしないのが普通ですが
今回は早く岡山弁護士会が動くようです
めったにないことです

実刑までは微妙と思うが弁護士会としても厳しい処分をしてほしい
(刑事事件で実刑になれば弁護士登録取消)

それよりここまで大きな問題になってるのだから
潔い決断が必要なのではと思いますが・・・・

黒瀬文平 登録番号28357  岡山弁護士会所属
倉敷市昭和町2
黒瀬法律事務所