イメージ 1

懲戒処分・愛知の鬼頭弁護士、任意整理放置で8330万円損害

 愛知県弁護士会は29日、顧問先の会社の任意整理業務を放置し、会社に約8330万円の
損害を与えたなどとして、同会所属の鬼頭進弁護士(60)=名古屋市=に退会を命じる懲戒処分を
発表した。処分は27日付。退会命令が出ると、他都道府県の弁護士会に所属しないと
弁護士活動ができなくなる。
 同会が認定した非行内容によると、鬼頭弁護士は01年10月ごろ、名古屋市内の帽子製造会社の
元社長から会社の任意整理を依頼された。
11~12月に着手金など4900万円を受け取り、別に補助者として元社長に紹介した
知人男性の預金口座に6760万円を預けさせた。
ところが、鬼頭弁護士は任意整理を全く行わず、4900万円を返還しなかったほか
02年2~4月、知人男性が口座から約3430万円を無断で引き出した。
 元社長らは、鬼頭弁護士や知人男性を相手取り損害賠償を請求する訴訟を起こし
1審は元社長らが勝訴。2審は被害額のほぼ全額を鬼頭弁護士側が支払う内容で和解が成立し
被害弁償されたという。
 元社長らは02年に鬼頭弁護士の懲戒請求を申し立てたが、和解成立に伴い請求は取り下げられた。
しかし、同会懲戒委員会の審査に対し、鬼頭弁護士が全面否認し、非協力的な態度を取るなど
したことから同会は「被害弁償されていることを考慮しても厳しい処分は免れない」
として退会命令の処分を議決した。鬼頭弁護士は処分を不服として日本弁護士連合会に
審査請求する方針という 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090729-00000144-mai-soci

鬼頭進 登録番号 16539 愛知県弁護士会
名古屋市中区丸の内

過去10年間に鬼頭弁護士に懲戒処分はありません
[弁護士懲戒処分検索センター]
http://shyster.symphonic-net.com/index.php

1発目の懲戒で退会命令。愛知県弁護士会よくやった

仕事放置で4900万円と3430万円を無断で引き出した
横領とは書いてないが金額が大きいし懲戒請求に非協力的な態度で退会命令!!!

世間ではこういうのを詐欺とか横領とか背任とか言うのではないでしょうか
弁償しているから、たぶん刑事まではないのでしょうね

弁護士が手抜きして依頼者のお金お懐に入れるのはめずらしくありません


よくあることです。相続のお金や交通事故の示談金など弁護士が懐にいれます
横領だというと報酬だといいます
遺産の分配金全額が報酬だと言った弁護士もおります

しかし1回目で退会処分とはよくやった
やっと社会常識についてきたようだ
全国の単位弁護士会も愛知県弁護士会を見習うべきだ

過去の例でこういう場合でも被害者にお金を返したら業務停止2年くらいになるのだが
東京弁護士会の囲碁の先生も1400万円ほど横領したが業務停止2年だった
弁護士会は横領とは言わない、(自分のために費消したという)

被害者に金を返して日弁連に処分が重いというと審査請求した
そしたら
日弁連綱紀委員会は業務停止1年6月にしました.

もちろん鬼頭弁護士も日弁連に処分が重いと審査請求している
日弁連は業務停止2年に減刑する可能性は十分にあります
どうなったかまたご報告します

なお懲戒申立というのは取り下げはできますが審査を進みます
一旦出されたものを取り下げたとしても弁護士会は結論は出します
被害額を弁償したりした場合は弁護士会が罪一等減じるというのよくあります

よほど愛知県弁護士会綱紀委員会に楯ついたのではないでしょうか?

なお私が懲戒申し立てを出した京都弁護士会の元裁判官の新井弁護士は
民事裁判の和解の席上で、私が出した懲戒請求を取り下げるのを和解条件に
入れてくれと裁判官に言いましたが京都地裁の裁判官はそれとこれは違う
と即時に却下しました。
懲戒は一旦出したら取り下げしても結論を出すまで審査する
つまり取り下げしてもムダというのをこの元裁判官弁護士は知らなかったようです