汚職行為で起訴の弁護士脱税=1億3000万円所得隠し-名古屋国税局が告発
 弁護士法違反(汚職行為の禁止)罪で起訴された弁護士鈴木順二被告(62)が
2008年までの3年間で約1億3000万円の所得を隠し、所得税約5000万円を
脱税したとして、名古屋国税局から所得税法違反の疑いで名古屋地検に
告発されたことが25日、分かった。
関係者によると、鈴木被告は顧問料や勝訴時の報酬など弁護士報酬の
一部を申告せず、約1億3000万円の所得を隠した疑いが持たれている。
隠した所得は株式投資などに充てていたという。
鈴木被告は土地の借地権譲渡などについて、借地人の男性から土地所有者の
不動産会社との交渉を依頼されたにもかかわらず、利害関係が対立する
同社側から現金200万円を受け取ったとして、昨年11月に名古屋地検特捜部に逮捕、起訴された。
特捜部が家宅捜索で押収した帳簿類を調べたところ、脱税が発覚したという。鈴木被告は1970年に司法試験に合格。73年に弁護士登録した。
昨年12月に愛知県弁護士会に退会届を提出している
同被告が所属する弁護士事務所は「お答えすることはない」と話している 
弁護士懲戒非行専門ブログです
去年、依頼された相手方にいって相手方に有利なことをしてお金まで
もらったという弁護士の風上にもおけない奴
逮捕され起訴。
おまけに1億3千万円の稼ぎも隠したという悪徳中の悪徳
2009年12月の起訴の時の記事
なお、鈴木弁護士は愛知県弁護士会に昨年末に退会届を出したというが
3月25日に検索するとまだ弁護士登録されている
愛知県弁護士会は退会届は「預かり」として裁判の結果がでるまでは
何もしないようだ。懲戒請求もしないようだ
しかも、以前は個人事務所であったのが2009年12月24日に
「弁護士法人桜通法律事務所」を開設している(申請12月11日)
どういうこと?
13520 弁護士 鈴木 順二 愛知県

 

会員情報
氏名かな すずき みちじ
氏名 鈴木 順二
性別 男性

 

事務所情報
事務所名 弁護士法人桜通法律事務所
郵便番号 〒4600003
住所 愛知県名古屋市中区錦3-2-4 相互ビル5階