負債3億、弁護士が自己破産…未処理も20件

4月23日14時41分配信 読売新聞

 大阪弁護士会所属の村上充昭(みつあき)弁護士(66)が自己破産したことがわかった
破産管財人によると、負債総額は約3億円に上るとみられ、着手金を受け取りながら処理していない依頼も約20件あるという。

日本弁護士連合会が同27日付で弁護士登録を抹消した。
02~08年に計4回、同弁護士会から懲戒処分を受けた。管財人らによると、業務停止処分後、依頼が減少。不動産運用の失敗もあった、という。 

 

イメージ 1

 

村上弁護士は1975年、弁護士登録。2003年、依頼者に高利の手形割引先
を紹介し、高額の報酬を請求したとして2か月業務停止になるなど、
02~08年に計4回、同弁護士会から懲戒処分を受けた。
弁護士懲戒非行専門ブログです
(写真は大阪弁護士会)
読売新聞より私の方が早かったわ
読売の記者もこのブログ見てるんですが
ひょっとして読売のスクープかな
私の記事見て書いたなら今度メシおごってな!
情報提供の被害者さん、ありがとう
自己破産で弁護士逃がさないように、
がんばってください。
大阪弁護士会も着手金取って仕事放置された被害者の救済をすべきだ
4月21日 村上充昭弁護士・登録抹消の記事