2011年9月 日弁連広報誌「自由と正義」に掲載された弁護士懲戒
処分の要旨
第一東京弁護士会 川口和子弁護士の懲戒処分の要旨
ある意味ものすごい有名な方で、確かにすごい方ですが今回の処分の
内容は大したことない。どんな弁護も嫌な顔もしないで受けるという評判もございますが・・
 
川口和子弁護士のネット上にあるもの
 
 
  
この懲戒処分で疑問なのは
不起訴処分に対する検察審査会に対する審査の申立てについては、不起訴相当の議決を行う迄の2ヶ月以上の間に、書類や委任状等を一切提出しなかったとあります。川口弁護士は2ヶ月程度で結論が出るとは思わなかったからまだ余裕があると思ったのでしょうか。
結果的に依頼者に迷惑を掛けたのは事実でしょう
 
正確な懲戒要旨)
          懲 戒 処 分 の 公 告
第一東京弁護士会がなした懲戒の処分について同会から以下の通り通知を受けたので懲戒処分の公告公表に関する規定第3条第1号の規定により公告する
1 懲戒を受けた弁護士
氏名 川口和子 登録番号 22009 第一東京弁護士会
事務所 東京都千代田区九段南   藍天国際法律事務所                    
2 処分の内容        戒 告
3 処分の理由
被懲戒者は懲戒請求者の子であり傷害事件の被害者となったAから加害者Bの不起訴処分に対してAが行った検察審査会に対する審査の申立てに関連して200837日起訴相当との判断が得られる方向での法的検討を加えた書面を提出する事務等を受任し着手金を受領したにもかかわらず同年515日に検察審査会が不起訴処分を相当とする議決を行うまでの2か月以上書面や委任状を一切提出せず経過についても報告しなかった
被懲戒者の上記行為は弁護士職務基本規定第35条第36条に違反し弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する
4 処分の効力を生じた年月日
 2011年6月14
2011年9月1日   日本弁護士連合会