イメージ 1
弁護士自治を考える会

弁護士の懲戒処分を公開しています

20121月号日弁連広報誌≪自由と正義≫に掲載された弁護士懲戒処分の要旨
大阪弁護士会所属 秀平吉朗弁護士の懲戒処分の要旨
 
処分理由  弁護士職務基本規定第28条違反 双方代理
弁護士は、前条に規定するもののほか、次の各号のいずれかに該当する事件については、その職務を行ってはならない。
一相手方が配偶者、直系血族、兄弟姉妹又は同居の親族である事件
二 受任している他の事件の依頼者又は継続的な法律事務の提供を約している者を相手方とする事件
三 依頼者の利益と他の依頼者の利益が相反する事件
四 依頼者の利益と自己の経済的利益が相反する事件
        

懲 戒 処 分 の 公 告

 大阪弁護士会がなした懲戒の処分について同会から以下の通り通知を受けたので懲戒処分の公告公表に関する規定第3条第1号の規定により公告する

1 懲戒を受けた弁護士
氏名 秀平吉朗 登録番号 16180   大阪弁護士会
事務所 大阪市北区西天満5  秀平吉朗法律事務所                  
2 処分の内容        戒 告
3 処分の理由
(1)被懲戒者は自らが顧問弁護士を務める懲戒請求者株式会社Aに対して、宗教法人Bの代理人として20081113日付、内容証明郵便により金45553120円の損害賠償請求を行った
(2)被懲戒者は、懲戒請求者A社の代表者であり任意整理事件の依頼者である懲戒請求者Cに対してBの代理人として20081113日付け内容証明郵便により金45553120円の損害賠償請求を行った
(3)被懲戒者の上記行為は弁護士職務基本規定第28条第2号に違反し弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。
4 処分の効力を生じた年月日 2011103201211日   日本弁護士連合会