弁護士の懲戒処分を公開しています
20126月号 自由と正義に掲載された弁護士懲戒処分の要旨
第二東京弁護士会の村越仁一弁護士の懲戒処分の要旨
 

これは懲戒処分を見て表向きの話、実際はちょっと違うと思います。非弁提携があるのではないかと想像しております。非弁屋さんが勝手にやって村越先生は分かってないのではこれは私の想像です。二弁は非弁には甘いですから・・・

  
懲 戒 処 分 の 公 告
第二東京弁護士会がなした懲戒の処分について同会から以下の通り通知を受けたので懲戒処分の公告公表に関する規定第3条第1号の規定により公告する
1 懲戒を受けた弁護士
氏名 村 越 仁 一  登録番号 21735
事務所 東京都千代田区内神田                 
2 処分の内容    業 務 停 止 10 月
3 処分の理由
(1)  被懲戒者は20064月懲戒請求者Aから相続に関する紛争解決の依頼を受け同年終わりころには遺留分減殺請求に基づく調停事件を受任したが調停が不調に終わったため懲戒請求者Aに対し20071229日付け意見書において訴訟の提起を提案し2008117日には訴訟費用357000円を受領した。被懲戒者は懲戒請求者Aに対し同年428日付け経過報告書において土地建物分割請求事件の審判を申し立てていないにもかかわらず、同年325日に審判を申立て第1回期日が同年626日と指定された旨の虚偽の報告を行い、また同年1128日付け経過報告書において使用料相当損害金の支払を求める訴訟を提起していないにもかかわらず同訴訟を申し立てた旨虚偽の報告をおこなった
(2)  被懲戒者は200929日懲戒請求者Bから離婚事件を受任し同月10着手金20万円を受領した。被懲戒者は事件処理を1年以上も解怠し、また懲戒請求者Bに対し離婚調停を申し立てていないにもかかわらず調停を申し立てたとして虚偽の経過報告を継続した。
さらに被懲戒者は懲戒請求者Bに対し同年116日には離婚訴訟を提起していないにもかかわらず訴訟を提起して第1回期日が2010116日と指定された旨の虚偽の報告を行いその後も懲戒請求者Bが裁判所に問い合わせた同年615日までの間、虚偽の経過報告を継続した
(3)  被懲戒者の上記行為は弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する
4 処分の効力を生じた年月日   2012216
20126年1日   日本弁護士連合会