イメージ 1
弁護士の懲戒処分を公開しています
201211月号 自由と正義に掲載された弁護士懲戒処分の要旨
東京弁護士会の正野嘉人弁護士の懲戒処分の要旨 ① 別件で処分があります
 
貸金業の会社に口汚いFAXを送ったという懲戒事由です
その会社のHPに懲戒請求について掲載されていました。
正野弁護士が送信したファクシミリ2通も公開されていました。
 
      弁護士懲戒請求について
 対象弁護士   正野嘉人弁護士 (東京弁護士会)
 弊社は対象弁護士より貸金債権交渉事案において『いいかげんにしろ!!』『くそ会社』『調子にのるんじゃねえ~』『分かったか?ボケ!!!』など社会通念上許容される通知表現から著しく逸脱した内容が記載された書面の送信を受けました。弊社は対象弁護士の当該行為は弁護士法第56条に定める品位を失うべき非行に該当するものであると考え弁護士法第57条及び同58条に基づく懲戒処分を請求しました。
                        平成22129
 
たいへんきれいな字を対象弁護士はお書きですが。
この書体は何体というのでしょうか。隷書のようにも見えます。
平安時代の和歌のようにも見えます。
これは字というよりも書というべきではないでしょうか
 

 

イメージ 2

 

  
(正確な懲戒要旨)
懲 戒 処 分 の 公 告
東京弁護士会がなした懲戒の処分について同会から以下の通り通知を受けたので懲戒処分の公告公表に関する規定第3条第1号の規定により公告する
1 懲戒を受けた弁護士
氏名         正野 朗
職務上の氏名   正野 嘉人
登録番号     19816
事務所 東京都中央区日本橋小伝馬町   正野嘉人法律事務所  
2 処分の内容          戒 告
3 処分の理由
被懲戒者は債務整理を受任し債権者である懲戒請求者と交渉を行っていたところ2010910日から同月28日までの間に3回にわたり口汚い表現で懲戒請求者を罵倒する内容のファクシミリを送信した。
被懲戒者の上記行為は弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する
4 処分の効力を生じた年月日
 201288
201211月1日   日本弁護士連合会