イメージ 1
弁護士 「横領」「着服」 懲戒処分データ
弁護士が依頼者からの預り金を「横領」「着服」「使い込み」「自己のため費消」「未返還」し、どこまでとれば「業務停止」、または「除名」になるかの研究

日弁連は弁護士の横領対策について、預り金の口座を事件毎に開設するという対策しか講じていません。事件ごと個別に口座があれば横領などできない?というのですが、いくら個別に口座があろうが通帳とハンコを金に困った弁護士が持っていれば、使い込むのは無くならないと考えます。日弁連の不祥事対策がまったく機能していないということです。横領、着服を未返還と庇ってもらえれば業務停止ですむようです

 

          横領・着服 一覧表  
所属 番号 横領金額 処 分 自由と正義
東 京 25567 7000万円 除 名 17年10月
大 阪 22511 570万円 業務停止1年 17年5月
大阪 18509 約5億円 除 名 16年11月
大阪 23727 約2800万円 除 名 16年8月
東京 15879 約400万円 業務停止1年 08年10月
東京 15924 約3000万円 退会命令 04年12月
第一 20572 約5858万円 除 名 04年4月
神奈川 14637 810万円 除 名 06年4月
東京 9749 200万円 退会命令 04年10月
東京 12081 2億6000万円 除 名 03年4月
愛知 13526 5153万円 除 名 03年7月
札幌 7451 1209万円 除 名 00年12月
広島 11802 50万円 業務停止2月 02年5月
大阪 15924 約3000万円 退会命令 04年12月
東京 18927 約5000万円 業務停止10月 09年4月
和歌山 15178 約250万円 業務停止5月 11年2月
広島 18899 約1億円 除 名 12年2月
香川 9218 約420万円 業務停止2年 12年2月
岩手 17929 約6000万円 除 名 13年6月
兵庫 15704 約3000万円 除 名 13年9月
静岡 26034 1460万円 業務停止1年6月 13年11月
長野 14702 1174万円 除 名 14年5月
神奈川 20613 1億5000万円 除 名 15年1月
広島 33521 1169万円 除 名 15年3月
大阪 27935 約4000万円 除 名 15年6月
奈良 15201 4200万円 除 名 02年8月
大阪 13025 2300万円 業務停止1年 14年5月
福岡 33297 1661万円 業務停止1年6月 18年1月
         
預り金等未返還系懲戒処分
 
二弁 14202  業務停止1年 債務整理預り金の未返還  2001年3月
 
二弁 25756  業務停止1月 預り金未返還       2008年4月
 
旭川 13571  業務停止1月 預り金未返還【2200万円】2013年11月
 

大分 22419  業務停止8月  預り金2014万円未返還  2017年2月

福岡 27232  業務停止1月 預り金500万円 未返還   2018年4月

 岐阜 17210  業務停止3月 預り金130万円 流用    2018年9月
 
詳細をご覧になりたい時は書庫「弁護士懲戒処分の要旨」を開けて、検索欄に「横領」「着服」「不返還」と入力してください。