弁護士の懲戒処分を公開しています

「日弁連広報誌・自由と正義」2018年12月号に掲載された弁護士の懲戒処分の公告、大阪弁護士会・中西裕人弁護士の懲戒処分の要旨
 
4回目の懲戒処分となりました。過去の処分
自由と正義2013年12月 戒告  怠慢な事件処理
自由と正義2014年6月  戒告  事件放置
自由と正義2017年12月 業務停止3月 事件放置 
そして今回、2018年12月(4回目)が戒告 弁護士会費108万滞納です。
自由法曹団、左翼の活動家として有名な弁護士です。

「自由法曹団通信1065号」
有事法制阻止大阪支部の活動に関する中間総括について

【非核の日本つくろう!非核の政府を求める総会】
(抜粋)事務局長の中西裕人弁護士が当面の活動方針を提案。核兵器持ち込みの密約問題は、「過去の情報公開」という程度の問題ではなく、非核三原則の重大な蹂躙(じゅうりん)だと指摘。抗議文を政府に送り、密約の廃棄と非核日本を目指す運動を強めようと呼び掛けました。
 
非核の政府を求める会】
 
『日本反核化法律家協会』
 
【日本原水協】

大阪弁護士会は自由法曹団の弁護士には甘い処分ですが、逆に、こういう処分をくだしていることで、弁護士の信頼が無くなるのではないでしょうか、他とくらべても、この弁護士だけ処分が甘いのはいかがなものかと思います。

弁護士会費滞納での懲戒処分、滞納額と懲戒処分 「弁護士自治を考える会」
弁護士が毎月支払う会費は、所属弁護士会の会費、日弁連の会費、他に
会館設立の積立金等で毎月3万5000円~5万円を払います。
登録換えをした場合には10万円の入会金を取る弁護士会もあります。
会費滞納で懲戒処分を受けた例です。懲戒処分理由がいくつもある場合ではなく、会費滞納単独の懲戒処分例です。滞納される方は参考にしてください。大阪では2018年12月会費30か月滞納しても返済すれば戒告という事例が出ました。
弁護士会  滞納月数  滞納金   処分   処分日

佐賀   27か月   182万円 退会命令  2013年10月
一弁   41か月   160万円 業務停止2月 (返済)16年7月
福岡   15か月   72万円  業務停止2月(返済)16年6月
東京   59か月   223万円 退会命令   16年1月
沖縄         147万円  業務停止3月(返済)15年11月
東京   41か月   157万円  退会命令  15年4月
兵庫 【入会金10万】 65万円  業務停止2月(返済)15年8月
二弁  35か月   136万円  退会命令   15年5月
栃木  18か月   136万円  業務停止3月(返済)11年7月
千葉  37か月   200万円  退会命令   14年3月
東京  32か月   119万円  退会命令  13年8月
大阪  60か月   232万円  退会命令  13年2月
一弁        96万円   退会命令(逃亡)15年
札幌  21か月         戒告(返済) 10年5月
東京  36か月  266万円   退会命令  10年7月
大阪  64か月  248万円   退会命令  10年9月
大阪  52か月  225万円   退会命令  10年10月
東京  26か月  101万円   退会命令 17年3月
たった26カ月で退会命令。ただし被懲戒者は札幌から登録換えしてから1回も払わなかったという理由です。
東京 23か月 86万4700円  退会命令  17年5月
23か月分の滞納で退会処分は最短となりました。しかし、この弁護士の場合は行方が分からずということで早目の処分だと思います。
一弁 38か月 137万   退会命令   18年2月
一弁 2,013~2015の間 90万円 業務停止1年 18年2月
返済済でこの処分は他に理由があったと思われます、

千葉 2016年7月から17年3月 52万9200円  業務停止3月 18年5月
過去、一番、少額の滞納での懲戒処分です。

京都 6月分 23万2800円 戒告 18年6月
過去最少の滞納額、しかも滞納を解消したが、約束の期日から6月遅れたから処分、
大阪 30か月分 108万円 戒告 18年12月  中西裕人(大阪)
太い青字は弁護士会費を滞納したが返済しても受けた処分です。
札幌で21か月で戒告がありますが、他は業務停止が付いています。
27か月の滞納で退会命令もありますのでいかに大阪弁護士会が自由法曹団の団員には甘い処分かというのが想像できます。しかも、過去の処分で事件放置した時期と重なります。仕事はしない会費は払わないでも「戒告」とはどういうことでしょうか
4回目の懲戒処分
懲 戒 処 分 の 公 告
1 懲戒を受けた弁護士   氏 名 中西 裕人
              登録番号17540
事務所 大阪市中央石町2  中西法律事務所
2 処分の内容       戒 告   
3 処分の理由の要旨
被懲戒者は2014年3月分から2017年6月分までのうち計30か月分の所属弁護士会の会費並びに日本弁護士連合会の会費及び特別会費合計108万5300円を滞納した。被懲戒者の上記行為は、所属弁護士会の会則第159条に違反し弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する
4 処分が効力を生じた日 2018年9月25日
2018年12月1日 日本弁護士連合会
3回目の懲戒処分
  

懲 戒 処 分 の 公 告
1 懲戒を受けた弁護士   氏 名 中西 裕人
              登録番号17540
事務所 大阪市中央石町2  中西法律事務所
2 処分の内容       業務停止3月    
3 処分の理由の要旨
(1)被懲戒者は2015年5月12日、懲戒請求者との間で不動産業者に対する損害賠償請求等について委任契約をしたが、上記委任契約の締結から1年7か月以上経過した2016年12月20日に開催された所属弁護士会の綱紀委員会における被懲戒者の調査期日に到るまで何ら事件処理に着手せず、その後も着手しなかった。
(2)被懲戒者は上記委任契約を締結したにもかかわらず、懲戒請求者に連絡することなく、懲戒請求者から問い合せがあってもこれに対応せず、更に懲戒請求者との面談の約束を反故にし、上記調査期日に到るまで、全く懲戒請求者と連絡を取らなかった。
(3)被懲戒者の上記(1)の行為は弁護士職務基本規程第35条に違反し。
被懲戒者が2013年8月及び2014年3月に戒告の懲戒処分を受けていることを考慮し、業務停止3月を選択する。
4 処分の効力を生じた年月日 2017829
201712月1日   日本弁護士連合会

 
2回目の懲戒処分

懲 戒 処 分 の 公 告
大阪士会がなした懲戒の処分について同会から以下のとおり通知を受けたので、懲戒処分の公告公表に関する規定第3条第1号の規定により公告する
1 懲戒を受けた弁護士氏 名 中西裕人 登録番号17540
事務所大阪市中央区船越町1   中西法律事務所
2 処分の内容      戒 告
3 処分の理由の要旨
被懲戒者は200311月頃、Aの任意整理事件を受任したが、その後Aと協議尾の上、破産申立てを行う事とし2004315日頃懲戒請求者株式会社Bを含む債権者に対し、その旨通知した。被懲戒者は上記通知後破産申立てをせず、2012年以降、懲戒請求者B社からの進捗状況等に関する文書及び電話による度重なる照会に対し、電話で2回、Aに連絡を取る旨伝えただけで、これ以外に文書又は電話による説明をしなかった被懲戒者の上記行為は弁護士職務基本規定第5条に違反し弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。4 処分の効力を生じた年月日 201435201461日  日本弁護士連合会
 
 
1回目の懲戒処分

懲 戒 処 分 の 公 告
1 懲戒を受けた弁護士氏 名 中西 裕人登録番号17540
事務所 大阪市中央区船越町 中西法律事務所
2 処分の内容      戒 告
3 処分の理由
被懲戒者は2004428日懲戒請求者から損害賠償請求訴訟事件を受任し同日及び同年928日に弁護士費用及び実費として合計4000万円を預かった。被懲戒者は上記委任に基づき請求総額約35億円の損害賠償請求訴訟を遂行したが2008年上半期に上記実費の支出状況について報告した後、裁判費用の使途明細の報告を怠った。
被懲戒者の上記行為は弁護士職務基本規定第56条第1項に違反し上記各行為は弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。4 処分の効力を生じた年月日 2013826
201312月1日   日本弁護士連合会