札弁主催の『性暴力被害者の声はなぜ社会に届かないのか。』のフォーラムに係争中の当事者がパネラーにいるからと『大丈夫か』と札弁に電話をし,自分のブログに当事者の主張を掲載し、『懲戒相当』になり「自分は大丈夫でなかった?」愛知県弁護士会の弁護士

産経新聞

ブログで訴訟相手の女性侮辱 弁護士に「懲戒審査相当」 「正当防衛」と反論

元TBS記者の50代男性に乱暴され、精神的苦痛を負ったとしてジャーナリストの伊藤詩織さん(30)が男性に1100万円の損害賠償を求めた訴訟をめぐり、男性の代理人を務める男性弁護士が自身のブログで伊藤さんを侮辱したとして、男性弁護士の所属する愛知県弁護士会が「懲戒審査相当」の議決をしていたことが23日、関係者への取材で分かった。これを受け、同弁護士会の懲戒委員会は懲戒審査を始めた。

 伊藤さんは平成27年4月、男性と飲酒中に意識を失い、乱暴されたと主張している。準強姦罪で警視庁に被害届を提出したが、東京地検は28年7月、嫌疑不十分で不起訴処分とした。検察審査会に審査を求めたが、29年9月、不起訴相当と議決された。

 伊藤さんが男性を民事で提訴したのに対し、男性は「合意があった」と反論。逆に伊藤さんの記者会見での発言などで社会的信用を奪われたとして1億3千万円の損害賠償を求め反訴している。訴訟は今月7日に結審し、判決は12月18日。

 関係者によると、男性弁護士は自身のブログに、伊藤さんの訴えについて「裁判に提出されている証拠に照らせば、(伊藤さんの)虚偽・虚構・妄想」と記載。被害の様子をつづった伊藤さんの手記の出版は「(男性の)名誉・社会的信用を著しく毀損(きそん)する犯罪的行為」と書き込んだ。

 県弁護士会の綱紀委員会は今年9月、「内容は(伊藤さんの)名誉感情を害し、人格権を侵害するもの」と認定し、「過度に侮蔑的侮辱的な表現を頻繁に交えながら具体的詳細に述べ、一般に公表する行為は、弁護士としての品位を失うべき非行に該当する」と判断した。

 男性弁護士は「虚偽の事実の宣伝広告によって男性の名誉が毀損されていることに対する正当防衛」と主張したが、綱紀委は「男性弁護士の主張によっても男性の社会的評価はすでに低下しているため正当防衛には該当しない」と退けた。

男性弁護士は議決を受けブログ記事を削除した。弁護士の不正を監視する「弁護士自治を考える会」の広報担当者は「世間の関心が高い訴訟なので確信犯的にやったのだろうが、品位を欠く行為なのは間違いない」との見方を示した。

 男性弁護士は産経新聞の取材に「品位を欠くというのは評価が分かれるところで、ブログの内容は適正の範囲だと思っている。綱紀委の決定は表現の自由を侵害する」と話した。

引用産経https://www.sankei.com/affairs/news/191023/afr1910230060-n2.html

弁護士自治を考える会

元TBS記者とジャーナリストの女性との間での性行為について合意があったとか無かったとか、刑事から民事に移りました。訴訟になったことですから法廷内で双方の主張を述べればいいことで、当時者から依頼を受けた代理人は法廷外で事案の内容について言うべきではありません。当会や懲戒請求者が問題にしているのはこの一点です。裁判の結果がどのようになろうと民事で個人の問題です。

上記の産経新聞の記事は懲戒請求者に取材をしこの弁護士のブログと綱紀委員会の「懲戒相当」の議決書を見て記事にしています。ところが産経の後に報道した、新聞社は産経の記事を見て、なぞっただけです。懲戒請求者に取材をせず愛知県弁護士会だけに取材をして、詳しい内容も分からずに記事にしました、弁護士に関する報道とはこんなものです。先行一社が苦労して書いたものを後発各社は後追いで先行記事をただなぞる程度です。

 

TBS記者から訴訟の依頼を受けた弁護士がブログで何を書いたか、行為に至るまで、その後の事等が具体的、詳細に書かれております、それが事実がどうかはどうであれ、さらにブログに書くのもいかがなものかと思います、処分になりましたら日弁連広報誌「自由と正義」に処分理由が掲載されますのでお待ちください

愛知県弁護士会綱紀委員会の懲戒相当の理由のひとつではないかと推測される内容が対象弁護士のブログに掲載されています。


平成30年(2018年)10月2日に札幌弁護士会が主催した【#metooを考える緊急フォーラム】に関するコメントが掲載されていました。

北口氏の現在は削除されているブログ記事

伊藤詩織著 「Black Box」 が「妄想」である理由 | 弁護士ブログ | 名古屋で医療過誤のご相談は北口雅章法律事務所

記事元:www.kitaguchilaw.jp

北口雅章 22464 愛知県弁護士会
北口雅章法律事務所 名古屋市中区丸の内3-6-4

 

(いろいろ当時者の間で起こった内容を詳細に書いて)

賢明なる私のブログの読者は、既にお気づきのことと思うが私は単なるBBの一読者ではない。詩織氏が山口氏を訴えた裁判について今般、山口敬之氏側から訴訟代理を受けた弁護士である。(略)(BBはブラックボックスという伊藤詩織氏の著作の本)

例えば先般、札幌弁護士会が明日10月2日に伊藤詩織をコーデイネーターに呼んで、シンポジューム『性暴力被害者の声はなぜ社会に届かないか』を主催するとの情報を得た。

そこで私は早速、札幌弁護士会に電話し『裁判で係争中の案件で、一方当事者に、一方的に語らせて大丈夫ですか?』と疑問を投げかけたところ同会の副会長が電話口に出て、答えた。

『大丈夫です。裁判で係争中の案件であることは十分に承知しておりますので本シンポジュームでは、彼女には『事件』のことについては、一切触れさせないつもりです、彼女をコーデネーターに呼んだ理由は『性暴力の被害者』としてではなく、あくまでも『性暴力被害を公に訴えた方』ということですからご安心ください。と」と略)

『伊藤詩織の声』(不起訴相当とされた)「虚妄」に基づく一方的な主張が山口氏の人権、名誉を蹂躙し、生活基盤を破壊している事態について

 

札幌弁護士会は、どのように考えているのか???!!

以上北口氏のブログより

で、あなたは大丈夫なの?