弁護士を業務停止=東京
2022/06/14
 東京弁護士会は13日、同会所属の佐藤忠宏弁護士(76)を業務停止2か月の懲戒処分にした。

 同会の発表によると、佐藤弁護士は2019年9月、探偵業者からの紹介で、婚約不履行を理由とする損害賠償請求事件を受任したが、依頼者から話を聞かないまま、探偵業者との間で事前に決めた着手金額を依頼者に提示。対処方針や金額の根拠についても具体的に説明しなかったという。

 一方、佐藤弁護士は同会に対し、「適正に説明した」などと述べているという。

読売新聞都内版6月14日

弁護士自治を考える会

佐藤忠宏弁護士は3回目の懲戒処分となりました。

佐藤忠宏 登録番号14280 東京都新宿区新宿7-1-7 新宿ダイカンプラザA館521

東京ロイヤル法律事務所

業務停止2022年6月13日~2020年8月12日

処分履歴

2003年5月 業務停止1年 特許権買い取りにおいて清算する中で自分の貸し付け金を含めた

2003年11月 業務停止8月 特許権買取り事案で依頼者から借金