日弁連広報誌「自由と正義」2008年8月号に公告として掲載された弁護士の懲戒処分の要旨
弁護士氏名 今口裕行 登録番号15189  大阪弁護士会
大阪市北区西天満4-8-2
懲戒の種別   戒告 
自賠責の弁護士報酬が530万円!! 
処分の理由の要旨

被懲戒者は、懲戒請求者A及び同B(夫婦)より懲戒請求者両名、その長男及び長女が2004年8月1日に居眠り運転の大型トラックに衝突され、子供二人は死亡、Aは高次脳機能障害、Bは多発助骨骨折等を負った事件について損害賠償請求の依頼を受けた被懲戒者は着手金として200万円を受領したが弁護士の報酬に関する規定第3条及び第5条に反し、弁護士報酬基準の備付け及び委任契約書の作成を行っていなかった。被懲戒者は自賠責保険の被害者請求により2004年12月20日長男及び長女分として合計5313万8035円の支払いを受けたが報酬の合意がなく、また懲戒請求者の了解を得ていないにもかかわらず自賠責保険請求手続きの報酬としては極めて高額の530万円を一方的に差し引いて残額をBの銀行口座に送金した
被懲戒者の行為は弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する
処分の効力の生じた日  2008年3月27日
2008年8月1日 日本弁護士連合会