弁護士非行懲戒専門ブログです
2010年9月 日弁連広報誌「自由と正義」に掲載された弁護士懲戒処分要旨
東京弁護士会・藤原輝夫弁護士の懲戒処分の要旨 
 
戒内容は前回と同じく国選弁護人の手抜きです国選弁護人の手抜き、接見に行かないということでは
1回目なら戒告しかしないと東京弁護士会の意見も書かれています
 
 
 
【簡単な内容】
国選弁護人になりながら容疑者に接見にいかず2回目の処分
       懲 戒 処 分 の 公 告
東京弁護士会がなした懲戒の処分について同会から以下の通り通知を受けたので懲戒処分の公告公表に関する規定第3条第1号の規定に
より公告する
1 懲戒を受けた弁護士
氏名 藤 原 輝 夫 登録番号 10053 東京弁護士会
事務所 東京都港区新橋6
                藤原輝夫法律事務所
2 処分の内容   戒 告
3 処分の理由の要旨
被懲戒者は20071127日付けで懲戒請求者の控訴審における国選弁護人に選任された。被懲戒者は懲戒請求者から同年1213日付けの手紙で接見を求められたが接見をおこなわないまま原審記録のみに基づいて控訴趣旨書を作成し同月21日これを裁判所に提出した。
そのため、控訴趣意書には懲戒請求者が原審で否認していた罪となるべき事実を認める意向を有していたことが反映されなかった。
また被懲戒者は懲戒請求者からの接見の要請が何度となくなされたにも関わらず控訴趣意書提出後その日のうちに1回接見を行ったがそれ以降接見を行わず、被告人質問の打ち合わせ等の重要な弁護活動を十分に行わなかった
被懲戒者の上記行為は弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。被懲戒者は他に同種事案で
懲戒処分を受けていることから業務停止1月を選択した
4 処分の効力を生じた年月日 2010年5月10日
2010年9月1日   日本弁護士連合会