弁護士の懲戒処分を公開しています
2011年2月 日弁連広報誌「自由と正義」に掲載された
弁護士懲戒処分要旨
今月は11人の弁護士の懲戒処分が掲載されました
東京弁護士会 吉川彰伍弁護士の懲戒処分の要旨 
 
簡単な内容】
事件放置 相続事件で相続財産の目録などを作成しなかった
 
弁護士名
吉川彰伍
登録番号
13105
所属弁護士会
東京
法律事務所名
葵綜合法律事務所
懲戒年度
20061
懲戒処分種別
業務停止4月
処分理由の要旨
債務整理を事務員任せ、依頼者からの説明もできず
処分要旨詳細リンク
 
 
 
弁護士名
古川彰伍
登録番号
13105
所属弁護士会
東京
法律事務所名
葵綜合法律事務所
懲戒年度
20078
懲戒処分種別
業務停止1
処分理由の要旨
預かり金で不明な会計処理
処分要旨詳細リンク
 
 
 
 
弁護士職務基本規定
(信義誠実)
第五条
弁護士は、真実を尊重し、信義に従い、誠実かつ公正に職務を行うものとする。
(名誉と信用)
第六条
弁護士は、名誉を重んじ、信用を維持するとともに、廉潔を保持し、常に品位を
高めるように努める。 
         

 懲 戒 処 分 の 公 告
東京弁護士会がなした懲戒の処分について同会から以下の通り通知を受けたので
懲戒処分の公告公表に関する規定第3条第1号の規定により公告する
1 懲戒を受けた弁護士
氏名 吉川 彰伍 登録番号 13105  東京弁護士会
事務所 東京都台東区上野                  葵綜合法律事務所
                    
2 処分の内容         業務停止2月
3 処分の理由の要旨
被懲戒者は2007417日遺言執行者に選任されたが相続財産の目録の作成及び相続人に対する交付をせずさらに2009710日法定相続人Aの代理人として法定相続人Bに対し相続財産である土地に関し訴訟を提起した,
被懲戒者の上記行為は遺言執行者としての義務に著しく反するとともに弁護士職務基本規定第5条第6条に違反し弁護士第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する
4 処分の効力を生じた年月日
 2010年11月4日
2011年2月1日   日本弁護士連合会