イメージ 1
 
 
2011年9月 日弁連広報誌「自由と正義」に掲載された弁護士
懲戒処分の要旨
第一東京弁護士会 中島敬行弁護士の懲戒処分
 
競売建物を賃貸借している人から事件受任したが競売物件買受人との
交渉で弁護士が相手側と連絡等せず、損害を与えたと簡単に弁護士会は
いうが,しかも処分は戒告
1回目の処分ならともなく3回目ではございませんか
 
弁護士会は蕎麦屋が出前忘れてましたというように簡単に考えているが
依頼した方にはとんでもない弁護士に当たったとしかいいようがない
もし過去2回の処分歴を知っていたら事件を委任しただろうか
 
正確な懲戒要旨)
          懲 戒 処 分 の 公 告
第一東京弁護士会がなした懲戒の処分について同会から以下の通り通知を受けたので懲戒処分の公告公表に関する規定第3条第1号の規定により公告する
1 懲戒を受けた弁護士
氏名 中島 敬行 登録番号 19226 第一東京弁護士会
事務所 東京都中央区日本橋茅場町  弁護法人東綜合法律事務所                    
2 処分の内容        戒 告
3 処分の理由
被懲戒者は20052月競売建物を賃借している懲戒請求者を紹介され
競売建物の使用継続を前提とする買受人との交渉について委任を受けた。
被懲戒者は懲戒請求者に対する建物明渡請求訴訟が提起されたが訴状が不送達となったことを買受人から聞いていたにもかかわらず当該訴訟を放置した場合に生じる危険等を懲戒請求者に説明せず、また懲戒請求者が建物の前所有者預託した保証金についても買受人との間で交渉や合意書等の書面作成に向けた努力をしなかった
被懲戒者の上記行為は弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する
4 処分の効力を生じた年月日
 2011年6月15
2011年9月1日   日本弁護士連合会
 
 
 

弁護士氏名: 中島敬行
登録番号
19226
所属弁護士会
第一東京
法律事務所名
中島敬行法律事務所
懲戒種別
戒告
懲戒年度
20041
処分理由の要旨
A社が取り込み詐欺をしているとの事件を依頼され取引先に刑事告訴を働きかける書面を郵送
詳細リンク:
 
弁護士氏名: 中島敬行
登録番号
19226
所属弁護士会
第一東京
法律事務所名
中島敬行法律事務所
懲戒種別
業務停止6
懲戒年度
200611
処分理由の要旨
非弁提携、多重債務で報酬を得る目的で整理屋を仲介させた
詳細リンク: